FC2ブログ
福田内閣が発足
2007.09.25(Tue)
福田内閣が発足した。
閣僚人事は無難な横滑りに渡辺行革大臣と
石破防衛大臣を加えた強力布陣。
これは現時点の与党では最強クラスを
集めたラインナップと言えるだろう。
とりあえずヤマタク外務大臣だけは
回避できたので助かった。


こうして2日間で党四役と閣僚が
決まったわけだが、福田流人事の
方針はよく見て取れる。
まず無難かつ重厚で失言など墓穴を
掘る確率の低いベテラン重視。
こうして党外に攻撃の種を与えるのを
阻止しつつ、党内的にも面と向かって
批判しにくい大物を重用すると。
国民に対しても若手・中堅の多かった
安倍政権よりも福田政権の方が
安全運転ですよと印象づけられる。
こういうことかな。


ただ面白くないといえばそれまでだ。
これからもサプライズは少ないかも。
小泉さんや安倍さんのように民間からの
抜擢というのも現段階の福田さんには
ないかもしれない。
おそらく民間に人脈がないのだと
思うけれど。
少しは面白い人事も見たいなぁ。
若手の大抜擢もないのかなぁ。


麻生派からの入閣はなかった。
やはり福田さんという人は相当
派閥の論理を重視する人なのだろう。
麻生さんがいなくなって、小泉・安倍チームの
ほとんどが中枢から退場させられた。
W中川、世耕、石原、片山さつき、山本一太、
中山恭子、ヤンキー義家先生、菅あたりは
暫く冷や飯を食わされることになるだろう。
たった数日で同じ党にいるのに待遇が
ガラッと変わるなんて世間の会社では
ちょっとない世界だね。
特殊すぎて馴染めないけど。
今後の希望は一つ。
国民の方を向いた政治をお願いいたします!


2007.09.24(Mon)
自民党の新三役改め四役は
衝撃的なラインナップとなった。
特に伊吹幹事長はいかんだろう。
安倍政権で教育再生会議に対して
露骨に非協力的な態度を取り続けて
党内外から呆れ果てられていたところ。
明らかにミスキャストだろう。


こういう人事手法を取る事は
予想はしていたとはいえここまで
派閥重視の人事を突きつけられると
なかなか厳しいものがある。
ちょっと危ないなぁ。
このメンバーでは野党からも国民からも
批判されて仕方ない。
福田さんがそれを予想できていないとすれば
ピント外れも甚だしい。


やはり麻生さんをどう処遇するかは
注目していたけど、それもなし。
閣僚に入れるとしても外務相は絶対にないし、
可能性は総務相に僅かに残されたくらいか。
福田さんも男なら麻生さんの処遇で
男を見せてみろってところかな。


それにしてもこの首脳陣5人組は
カメラ写り悪いなぁ。
‘親父党’そのものだぜ。
もうちょっと若いのいないのかな。
福田さんも色々な人の話を聞いて
決めたというけど、もうトップなんだから
ビシッと一人で決めるのも仕事のうちだよ。
昨日の麻生さんの得票数で少し自民党に
対する風当たりが和らいだかと思ったけど
一日でこれだもんな。
本当にこの党は空気読めてないよ。


2007.09.23(Sun)
福田新総裁が誕生した。
麻生さんは予想外の大健闘。
マスコミでもここまで麻生さんが
健闘することを予想したところは
なかったのではないか。
後半は麻生さんに何票入るかが
話題になって、それによって自民党が
破滅に至るか否かが分かれるみたいな
論調が多かったので、とりあえずは
今すぐの破滅への道という論調は
引っ込むのかな。


福田さんの魅力はやはり人柄だろう。
安倍総理には「許さないリスト」があると
言われたりしたが、福田さんは真逆で
誰とでも上手く付き合うことができるのが
最大の長所と言える。
党内にも党外にも天敵といえるような人が
見当たらず、話し合い路線は民主党小沢陣営を
困らせるに違いない。
これまで与党にはオール反対できた小沢さんの
手法も方針転換を迫られる恐れが出てくる。


あとはチクリとした皮肉をまじえた
ユーモアセンスは面白い。
嫌みが嫌みに聞こえないし、
相手を傷つけることを決して言わない。
また多少の有事にあっても慌てることなく
常に冷静沈着でいられることは権力者としては
特筆すべき能力だろう。


逆に不安な点を挙げると、やはり政策について
どこまで理解があるのかという点である。
演説でもさしてオリジナリティのある
政策論議は出てこなかったし、中枢から
離れていたここ数年の内外の激しい情勢の
変化の中にいきなり放り込まれて直ぐに
フィットできるのかという不安は拭えない。
勉強熱心な人だから大丈夫だと思うが。


それと党内左派ばかりを重用するようなことに
なれば特に外交や国防分野で時代に逆行した
方針が次々と出される危険性も無視できない。
特に古賀、山崎拓ら古い自民党の象徴の人々が
再び権力を握ることには党内若手や国民からも
警戒を持たれることは間違いない。


さて自民党の振り子の理論で安倍総理とは
真逆の福田さんが総裁に就任したことで
自民党さらに日本の政治は復活できるか。
私は割合と上手くいくのではないかと思う。
ただしそれは短期的なもので長期的に見ると
福田さんが先頭を突っ走り続けてできることには
限界があるだろう。
本格的な政権交代前の最後の自民党総理総裁となるか
自民党復活の奇跡の宰相となるか、
楽しみに政局を見守っていこう。








2007.09.21(Fri)
防衛省の広報イベントへ行ってきた。
テロ特措法への理解を深めてもらうための催し。
これは以前から決まっていた催しなのか
自民党大敗北を受けて慌てて企画したものなのか。
色々と勘ぐってしまいますなぁ。


テロとの戦いの参加状況や特措法について、
背広組、制服組、外務省からそれぞれ
講演があった。
報道されているように海上給油活動がいかに
技術が要されるもので、海自のそれは優れているか。
それに船上の気温は40度越えで
甲板はなんと70度を越えていること。
などなどいかに困難な作業が世界から評価されて
いるのかという内容について説明があった。


気温が40度越えの中で長袖、ヘルメット着用の
作業は想像を絶する世界だ。
凄まじすぎる。
これは単純にすごいと思う。
やっぱり自衛官は私とっては
最大に尊敬できる職業だ。
できることなら特措法を延長してこれからも
世界に貢献して欲しいものだ。


最後に質問コーナーがあったがこれが
いまいちだった。


Q「4か月分の燃料、水を積んでいるわけでなく
どこかで補給すると思うが、どのように
行われるのか」
→A「作戦上の関係で答えられない」


Q「イラク戦に油が使われている、
オイルロンダリングの疑いがあるが」
→A「世界の国々とは開始時に目的や方法について
文書を交換している」
(→つまり日本は約束通りの仕事をしており、
アメリカが勝手にイラクに持っていっただけで
我々は知らぬ存ぜぬってことかな?)


Q「防衛省は広報が甘いのでは」
→A「努力します」


国民をバカにしてるのかってくらいに
典型的な官僚の答弁をひたすら聞かされて
いまいちだったなぁ。
改めて防衛省の情報公開が難しいことは
よくわかった。
やっぱり防衛省と外務省に関しては
他の省庁と同レベルの情報公開を望むのは
無理な話だし、期待すべきじゃないね。
しかしそれならそれなりに話し方とか
工夫しないと厳しいと思う。
世間は防衛省、自衛隊に対しては
あまり良いイメージを持っていないのではないか。
せっかく国民と直に触れ合う機会なのに
国会答弁みたいなつまらないことばかり
言ってちゃだめだよ、防衛省。
講演は面白かったけど。




2007.09.17(Mon)
今日は大阪なんば高島屋前で
10:30から自民党総裁選候補者演説。
もちろん行って来ましたよ。
タダで見れるものなら何でも釣られてしまう
私なのです。


もう暑いのと人大杉なのとでまともに演説を
聞く集中力がなかったのが正直なところ。
全国的には涼しくなってきているのかな?
関西は8月と気温も日差しも全く変わってなくて
連日30℃越えで今日はなんばのビルに表示されてた
気温計によると11時は32℃!
9月も後半だぜ。
暑すぎるろうが。
そしてマジで人大杉だった。


生・麻生さんは2度目で生・福田さんは初。
感想としてはやっぱり福田さんは実直、温厚で
麻生さんは面白いって感じになるね。
テレビで見てると福田さんは口元でボソボソと
話す人なので演説はどうかなと思っていたが
なかなかはっきり丁寧とわかりやすく話そうと
しているのが見て取れて良かった。
内容は無難というか真新しさはなかったけど。
福田さんに大阪勤務時代があったとは
知らなかったねぇ。


対して麻生さんは昨年から人前に出て
政策を訴える機会が続いているので
やはり練りに練られた十八番トークに
土地ネタでタイガースの話を交えたりと
徹底して主婦層にも理解できるような
平易な言葉で話すように気をつけている
ようだった。
やっぱりこの人はおしゃべりだけは
一級品ですわ。
時事漫談師みたいな芸人になればいいのにw


報道を見ていると二人の政策に実は
大した違いはないとか、大同小異とか
言われている。
確かに聞いていてもそんな印象は持った。
実は私は福田さんという人はもっと旧来的で
穏健派かと思っていたので改革路線そのものにも
メスを入れるかと思っていたけどそうでは
なさそうだし。
実際に始まったら二人の方法論はかなり違うだろうけどね。
無風だけど日に日に二人のキャラは
マスコミによって作られてきたし
そこそこに面白くはなってきたのかな。


↓デジカメしょぼすぎ。。。
RIMG0348.jpg




2007.09.15(Sat)
総裁選レースは早くもゴールインが
近そうだ。
結局は脱派閥とか言いながら自民党の本質は
何も変わっていないということがこの3日間で
自明になってしまった。


とにかく外野からすると無風選挙は面白くない。
若手・中堅は何やってるのだか。
河野太郎あたりは昨年も出馬しかけたし
動くそぶりは見せるかと思ったけれど
それすらなし。
小泉チルドレンだって小泉担ぎ出しで
あたふたするくらいなら片山さつきとか
誰か適当に候補の一人くらい出せばいい。
結局は負け戦はしないという自民党体質が
よくわかるね。


特に情けないのが額賀氏。
自ら総裁選レースの中心となると公言した
翌日には無念の出馬取りやめだとさ。
しかも今後の派閥の処遇を気にしてのこと。
それでも僕は出ます!くらいのことを
額賀氏も言えないのだろうか。


その時々のポストを押さえていかないと
派閥が生き残っていけないというのは
わかるのだけど。
あくまで党内の人事レースだから
私達国民がどうこうは言わないけど。
しかし額賀氏の経歴に傷がつく一方で
こんなだらしない醜態を晒し続けると
ますます自民党に誰も興味を持たなくなる。


とりあえず無風は嫌だなぁ。
そういう意味では麻生さんにはかなり
頑張って欲しい。
福田さんにはこれまで語ってこなかった
国家観とか経済施策を詳しく語ってほしいな。


2007.09.12(Wed)
あきれた。
あきれて物も言えない。
あなたはここまでひ弱な人でしたか。
安倍総理が突然辞任をした。
組閣から2週間、所信表明演説の2日後。
とんでもない。


一昨日には「職を賭して」発言について
書いた中で安倍さんは近い将来の辞任を
意識していると指摘したけれど、
まさかこれほどすぐにそのような
緊急事態が起こるとは。


一年を振り返ると本当に色々とあった。
業績は素晴らしいものを残した。
しかしこれほどつまらないスキャンダルが
相次いだ政権もなかった。
そしてそれらの処理はいつも後手後手。
そう、安倍さんに足りなかったのは
最初から最後まで決断力だった。


お坊ちゃまは性格が優しすぎるのだろうか。
問題の閣僚や官僚をぶった切ったり
叱責したり、自らがトップであるという
威厳を職務の中に発揮できなかった。
確かに能力はあるのだろう。
政策立案能力もある。
口だってたたないわけではない。
人柄もどうやら良さそうだ。
しかし如何せん権力があっても
それを縦横無尽に使いこなす
知恵やリーダーシップが足りない。


テロ特措法延長に執念を見せたわけだけど
このタイミングでトップが交代することが
どれだけ与党にマイナスの影響があるのか
計算できないわけではないだろう。
予定されていた本会議が中止されただけでも
誰にとっても良い影響などはない。


そもそも社会人としてこんな対応が
許されるのだろうか。
否ありえないだろう。
健康問題も指摘されているが簡潔に言えば
心が折れてしまった、ということだ。
もうダメだ、こんな仕事はやってられない、
このプレッシャーに耐えられなくなったと。


まず自民党がこれで浮上することはますます
なくなったと思う。
ただでさえ死に体になっていた自民党が
いよいよ沈没する。
誰が次期総理総裁になろうと無理なものは
無理だ。
国、与党のトップがこんな様子では
国民の信任を得られるわけがない。


安倍さん個人の将来については
まだまだ若いのだから再登板は
あり得るだろう。
それまではライフワークである
拉致問題に取り組むなどして
一議員として実績を積んでいけば良い。
そちらでの手腕はこの数年来評価されて
きたのだから活躍の余地はあるだろう。


とにかく日本の政治状況はめちゃくちゃだ。
これだけトップや閣僚がころころ変わる
国が他国から信用されるわけがないだろう。
国内の自民・民主の争いがどうこうよりも
こんなゴタゴタが世界からどんな評価を
受けるのかが気になる。
とにかく情けない。
金美齢さんは「日本人の劣化」を頻繁に
指摘するがまさしく安倍晋三こそが
「日本人の劣化」の象徴だ。


誰が後任になっても大差はない。
これまで私は麻生さんを後任として
応援してきた。
しかし本当に自民党が浮上するためには
あえて谷垣、福田両氏のようなリベラルでも
構わないような気もしてきた。


私はこれまで保守の星である安倍さんを
評価してきた。
少しのスキャンダルにも細かいことに
クヨクヨするなとエールを送ってきた。
しかし今日私はわかった。
この人はトップとしての自覚のない
非常識な劣化した日本人だった。
社会人としての常識も持ち合わせていない
残念な人物だった。
こんな辞め方はないだろう。
ふざけるな、安倍晋三。



2007.09.11(Tue)
小沢さんは安倍総理との党首会談を
拒否するそうだ。
この人はこういう態度を取ることが多いね。
人付き合いが嫌いなのか、口がたたないから
言い負かされるのが怖いのか。
あえて自分を孤立させたいのかな。
こういうところが小沢信用できないところ。
シーファー大使との会談もそうだけど
この人は知ってか知らずかあからさまに
非礼な態度を取ることがある。
政治家以前に人間性を疑ってしまう。


攻勢を強めているのだから死に体の
総理と会談をするくらい何てことは
ないだろう。
テロ特措法延長反対の良いPRになるじゃないか。
なぜ必要以上に安倍さんとの接近を
避けようとするのだろう。
党の戦略なのかなぁ。
それよりは小沢さんの個人的な狭い了見の
せいだと思うけど。
本当に小沢一郎という人物はどこまで本気で
仕事をしたいのかよくわからんね。


2007.09.10(Mon)
安倍首相の決意が炸裂した。
インド洋上での自衛隊給油活動が継続できなければ
退陣も辞さないとコメントを出した。
どうしたのだ晋三さんよ。
急に男らしくなったじゃないか。
国民投票法でも、教育基本法でも、
社保庁問題でもこんなに強い決意を
聞いたことはなかったぞ。


私は非常に穿った見方をしているのだが
野党がこのところ指摘しているように
国会召集を遅らせた時点で安倍さんには
特措法延長が無理だと踏んでいたのではないかと
実は私も思っている。
参院選での与党大敗、そして小沢さんの
予想通りの頑固一徹さを見るにつけ
数がモノを言う世界で今回ばかりは
勝ち目がなくなったと早々に結論を
出したのだと思う。
そうでなければスケジュールを逆算して
早めに召集するはず。


ここは退陣をして党のため、わが身の
将来のために一度身を引こうと判断したのでは
ないだろうか。
攻めの姿勢を取りつつも後陣をせっせと
固めるような戦法。
どう見てもそうとしか思えないのだ。
言葉は悪いが今回のファイト宣言も
本気の本気の強気の強気ではなくて
悪く言えばポーズ、ソフトランディングのための
アリバイ作りとでも言おうか。


逆にプラスに捉えると安部さん本来の
戦う政治家としての姿、国際的公約を
果たすという責任感の発露とも言える。
しかし現実の政治日程や与党の動きを
見ているとそうには思えないのだがね。
私は安倍さんを応援するし、
特措法だって延長して欲しい。
反対する民主党は対案なり
国際テロとの戦いへの日本なりの
参加方法を提示して欲しい。
それを比較して論戦をして決めるなら
ともかく何でも反対ありきの小沢民主党では
何を期待しろと言うのか。


自民党も民主党もこの重要案件に関しては
本当に情けないというか何と言うか。
世界が注視している問題だけに
国内の政争の具にするようなことだけは
ないようにしてもらいたい。
「安倍か小沢か」と国民に問うた安倍さんの
参院選戦術はバカバカしかったが今回の
退陣発言も同じような危険な嫌な匂いが
そこから漂う。
与党にはオールNOの小沢民主党もダメ、
退陣を半ば容認したかのような安倍政権もダメ。
本当に9月の国内政治はダメダメちゃんばっかりだ。




2007.09.08(Sat)
このところロシア関連の本を読んでいる。
故アンナ・ポリトコフスカヤ女史や
故リトビネンコ氏の著書など。
あとはチェチェン報道の第一人者の林克明氏のも
色々と読んでみた。


改めて思うのはプーチンというのは
おそろしい独裁者だということだ。
旧KGB勢力が権力中枢を占めるという
恐ろしい現状は最悪の政治状況だ。
憲法で3選は禁じられていてプーチンも
3選はないと断言しているが何となく
任期ギリギリの強権発動で憲法を
変えてしまうような気もする。
本当に法律なんて何ら機能しない
国情が実際にあるようなのだ。


あるのは親・プーチンか反・プーチンか。
そこに国益もなければ国民の生活に
根ざした政治施策の欠片もない。
反対の立場をとった者は失脚、
自由に発言ができなくなる。
果てはポリトコフスカヤ、リトビネンコの
ようにこの世から抹殺される。
プーチンの政権を安定させるためなら
でっち上げのテロ掃討作戦だった平気で起こす。
市民が巻き添えになろうと当局は何ら
気にも留めない。
実際の戦闘状況や逮捕や被害の状況について
国民は何も知らされない。


金正日と並ぶ圧政家だ。
ポリトコフスカヤ女史が本に書いているが
かつて国民を失望させ続けた共産党が
今では最もまともに見えてくるというから
皮肉なものだ。
日本に置き換えてもそれがいかに狂った状況かが
よくわかる。


色々と調べていくうちにいかに21世紀の
ロシアが末期的状況にあるかがよくわかる。
それに比べれば政治家のちょっとした
帳簿の記載漏れくらいは大したことでは
ないような気もする。
明日の命をも知れぬ生活はどんな世界だろうか。
たった一人のワンマン政治家、いや情報機関出身者に
よって自国のみならず周辺国家までも蹂躙していく
最中に生きるというのはどんな世界だろうか。
日本国内の政治も大変だけどロシアについて知れば
上には上がいると改めて教えられたような気がする。