スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


落語
2006.11.02(Thu)
今日は出社2日目。
同期の顔と名前も一致してきた。
明日からは3連休だ。
これまで半年以上サボってたのに
2日働いた後の3連休はちゃっかりと
嬉しかったりする。
人間の体と心はすぐに新しい
環境に順応できるようにできて
いるのだろう。
なんとも不思議でゲンキンなものだ。


上方落語家の桂三枝さんが
秋の紫綬褒章を受章したそうだ。
あの人は以前から創作落語に
熱心に取り組んできて新しい
落語小屋の設立にも尽力し
上方芸能界の重鎮である。
関西人としてはこういう笑いの
世界の人が国の文化人として
認められるというのは嬉しい。


やっぱりこれだけお笑いブームとか
言われて大した実力もない漫才師だか
タレントだかわからないようなのが
たくさん出ているのに落語の新星は
出て来ないですよね。
そのなかで大阪に寄席ができたというのは
本当に上方芸能界では熱い話題なわけ。
だけど結局はテレビで露出したもの勝ちで
落語家は日の目も見ない。
例えば小枝や鶴瓶や笑瓶のように
落語よりもテレビがメインというのも
一つの方法だろう。
しかし落語家の評価は落語で得るべきで
その点でこの業界の将来性には
大きな危惧を抱かざるを得ない。


これから漫才師やお笑いタレントを
目指す若者は出つづけるとしても
落語家を目指す若者はいつか
消えてしまうのではないだろうか。
とても心配だ。
長瀬のドラマの影響で人気が
上がっていると言っても
一過性の現象をさほど過大評価
するわけにもいかず。
地道に学校の文化鑑賞行事を
回るなどの草の根活動をする
わけだが受け手の若者が
それを受け止める気がないと
楽しめない。


古臭いとか思わずに漫才を
見て楽しいと思える人なら
誰でも楽しめる芸なのだ。
演じようとしても座布団に
座るだけでステージができる
というシンプルさ。
一人でできるわけだし。
三枝さんの受賞がいい弾みに
なればなんて思います。


ジャニーズ王朝の方法
2006.10.14(Sat)
どうでもいい話題だけど、
KAT-TUN赤西の休業は
どうも釈然としませんねぇ。


留学というのなら事前に
休業に向けた準備が行われている
はずで、亀梨ドラマの主題歌の
レコーディングに現われず
CD化の目途が立っていないなんて
不細工なことにはならないはずだ。
スポンサーも寝耳に水だった
ようだし。
こんなものはっきり言って
極楽とんぼ山本のパターンと同じだろう。
タレントである前に一個人として
社会的モラルに照らし合わせてみても
看過できないようなトラブルを
抱えこんでいて危険な状態に陥って
しまっているってことだ。
引退ではないと事務所はいうが、
そのうち契約解除となるに
決まっている。
過去のジャニーズ事務所で
繰り返されてきた手法だ。


ここ数年はジャニーズタレントの
不祥事があまりにも多すぎる。
飲酒、喫煙、異性問題など。
このKAT-TUNというグループは
特に素行が粗いそうだ。
だからメンバーが全員成人するまで
デビューできなかったとか。
確かに今年のメジャーデビュー以降でも
それぞれが様々な異性交遊ネタを
提供してくれる騒々しいグループだ。


これは決して鵜呑みにできない
不確定情報だが24時間テレビで
共演したハロプロ系グループの
14歳少女との交際&妊娠という
情報もネット上を泳いでいる。
情報が錯綜しまくりだ。
この中学生アイドル妊娠説は
以下のブログの13日付け記事に詳しい。
気が向いた物を寄せ集めブログ
またネットが先行するパターンなので
情報の取捨選択に注意が必要だ。


この説は台湾などアジアでは
確定的な情報として記事になって
いるようだ。
なるほど、マスコミタブーと
離れた場所では大っぴらに書ける
ということか。
ただ2ちゃんねるをソースに
記事を書くのはヤバイと思うが。
とにかくジャニーズに対する
マスコミのタブーは凄まじい
ものがあるようだ。
やっぱりジャニーズ事務所って
ところは不思議なところだ。
ジャニーズ批判報道は全てNG、
肖像権の管理は異常なほど厳しく、
離反したタレントが他で活躍できないように
徹底的にマスコミに根回しをする陰湿な一面、
そしてジャニー喜多川氏のタレントへの同性愛セクハラ。
こういう異様な体質になっている
タレント事務所にいると中身の
タレントも非常識な人間が出来上がる
というのは頷ける気がする。


あまり芸能関係に興味がない
私でもジャニーズの裏話みたいな
ネタには食いついてしまう。
それは既にジャニーズ戦略に
乗せられているということだろうか。
これまでブラックな騒動を
力づくで捻りつぶしてきたのが
ジャニーズ流。
今回の赤西騒動はどのように
沈静化させるのか楽しみだ。
私の予想
?なし崩し的に契約解除を
するのではないか。
?半年間休業をするが
留学はしない。
それを写真週刊誌にとられて
「赤西が美女とコンビニデート!
あれ?留学は?!」
みたいな記事が出る。


純粋なファンのためにも真実を
教えて欲しい。
それに応えずに誤魔化すような
今までのやり方は改めるべきだ。


24時間テレビ
2006.08.29(Tue)
24時間テレビが夏休みの終わりを告げる
風物詩となって何年になるでしょう。
今年もいつのまにやら放送されて
いたようです。


それにしてもこれだけ同じ内容を
繰り返す特別番組も珍しい。
100kmマラソン
障害者の方のチャレンジ
全国の募金基地
ジャニーズ見たさのギャルで埋め尽くされた武道館
まったく進歩が無い。


あたしはこの番組の存在意義はもはや
ないのではと思っています。
目新しい企画もなく偽善に満ちた
タレント達を見るのにも視聴者は
飽きています。
今回の100kmマラソンはアンガールズが
完走したそうですが、中継中に武道館の
タレントのマイクがONになっており
アンガールズの悪口を言う声が見事に
流れていたそうです。
さらに別の時間の中継では沿道で
声援を送っていた女性がアンガールズに
激励のためにタッチしようとすると
伴走スタッフが「触るな!」と制した
ところもマイクに拾われていたそうです。
また潜水の世界記録に挑戦という中継明けには
武道館のKAT-TUNの一人が好記録を出した方に対し
「言葉は悪いですが、人間とは思えない」と
本当に言葉が悪すぎるコメントをしています。
MCとしての素養を疑いたくなります。


出演者には高額のギャラが払われているそうで
何が募金だという思いにさせられます。
あんた達のギャラのために募金してる
わけではないのだよ。
とにかく当初のクリーンなイメージが
薄れてきた24時間テレビ。
偽善だけで視聴者をだまし通せると思うなよ。


2006.08.05(Sat)
このところとある市場の規模が大きくなっているそうです。
一般の報道には載りにくい市場です。
それはロリータ・ジュニアアイドル市場です。
要するに18歳以下のアイドル少女達の
写真集やDVDなどの映像関連商品やイベントが
一つのジャンルとして確立してきたそうです。


色々と調べていくうちにとんでもないレベルに
業界の流れが突っ走っているという印象を持ちました。
昔から少女に水着やセーラー服を着せての
写真集などというものは存在していました。
しかしそれは合法とはいえあくまでオタッキーな
世界というか一般層の目に届かない世界だったと思います。


それが今ではどうでしょうか。
中学生が大人のグラビア雑誌に出て来るような
ポーズを取っているのが当たり前のようになっています。
着エロという分野が行き過ぎた状態です。
具体的には・・・
●Tバック ●手ブラ ●半ケツ ●盗撮まがい
●意図的なパンチラ ●全身網タイツ ●M字開脚
このような大人顔負けのグラビアポーズを
12,3歳の少女が取っているのですよ。
それが写真集やDVDさらには中学生アイドル専門の
グラビア誌なども数種あり日々世に出続けているのです。
どうやら写真集発売記念イベントで水着にTバックで
登場して撮影に応じているというようなことも起っている
ようで裏方の大人達の感覚を疑いたくなります。
何かおかしくないでしょうか。


これが法律に触れないかという問題が出てきます。
関連するのは児童ポルノ法です。
児童ポルノ法第2条3項には


「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって
性欲を興奮させ又は刺激するもの」を
児童ポルノであると定義しています。


なんと曖昧な定義でしょうか。
興奮させ刺激させるものであるかどうかなんて
判断する人、見る人の感覚によるのではないでしょうか。
客観的ではなく主観的な判断にならざるを得ないですよね。
極端な話をすると全裸でなければ布をまとっていれば
OKですか?ってことにもなりかねない。
水着みたいな下着と、下着みたいな水着の違いは?
ファッションとしての見せ下着は?


どう考えてもおかしいですよね。
なかには内容が過激すぎて発売中止になる作品も
あるにはあるそうなのですが。
中古のエロビデオを販売しているような
お店だとカモフラージュに店頭に普通の
映画のDVDを置いてたりするのですよ、
女性はご存知ないかもですけど。
こういうジュニア系作品はアダルト作品では
ないので18禁コーナーではなくて店頭に
何気に置いてたりするのですよね。
ますますおかしい。


メイド喫茶やコスプレを中心とする
アキバ系というグループと、
このジュニア系アイドル市場は違う
層だと思います。
アキバ系が対象とする世界は
決して手が届かない世界ではありません。
メイド喫茶でメイドさんに会えるし、
同人誌を発行する人もいる。
しかし手に触れられる距離にいるけど
どこか非現実な遠い世界という感覚。
そこにタッチしてしまった瞬間の
自分自身の気恥ずかしい感覚が萌えなわけです。


反対にジュニアアイドルはあくまでアイドル。
昨日まで素人だった少女がタレントさんになる
煌びやかな世界です。
触れられるのは雑誌の中や映像の中もしくは
撮影会や握手会などのイベントだけです。
理想を理想として取っておきたい。
だからこそ露出を増やして妄想を掻きたてたいと
いうような感覚でしょうか。
萌えというよりはあからさまなエロを
求める方向に傾くわけです。


それが行き過ぎたのが関西援交を初めとした
未青年少女の性交モノです。
なかには小学生が出演と謳った作品もありました。
児童福祉法違反で関係者が逮捕され事件は
落ち着きを迎えましたが、出演した少女の心の
傷が癒えることはありません。
ウソか誠か出演後にショックで自殺した少女もいるとか。
さらに生活費に困窮した親が娘に児童売春をさせていたという
供述もありますます狂っています。
このような児童売春や児童専門の出張風俗は
闇でたくさん営業しているそうです。


これに比べるとジュニアアイドル市場はまだまだ
かわいいものかもしれません。
しかし多感な小学生高学年や中学時代にこのような
体験を重ねていって行き着く先は何なのでしょう。
こんな仕事が将来的にタレントや歌手になるための
第一歩になると思っているのでしょうか。
親は娘が作品でイベントで惜しげもなく大人顔負けの
ポーズを取っていることに何も思わないのでしょうか。
製作者は悪気を感じないのでしょうか。
信じられないことがありすぎるのですが、
とにかく法律の解釈をもう少し厳しくして
作り手の自己規制を求めるしかありません。


LOLITA-COMPLEX
2006.07.18(Tue)
極楽とんぼの山本が未成年者へのみだらな行為で
吉本を解雇されたそうです。
まぁアホとしか言いようのない話ですが。
芸能人の未成年者への性的行為というのは
数年に一回くらいの感じで出てきますね。
世間知らずだから相手の年齢もわからずに
先に手が出るのでしょうか?
それともお金を払えば何でも許されるとでも
思っているのでしょうか?
おそらく解雇というからには山本の行為も
事件として立件されて数日中に逮捕ということに
なるのでしょう。
逮捕前に解雇というのは一企業として
当然の対応だと思います。


あたしはロリコン趣味は全くないのですが、
男性に多い未成年者に対する性的欲望と
いうのは何なのでしょうか?
自分より弱い者しか狙わないという
動物の狩りの本能でしょうかね。
あまり女性で未成年男子しか興味がないという
人を聞いたことがありませんよね。
ショタコンというのはあるそうですが。


確実にロリコンが増えてますよね。
そんな統計あるわけないけど、
世間の男子の風潮としてそういう少女にしか
興味を示さない輩は増えています。
将来子育てとかする時になったら不安だろうなぁ。
自分の子供が汚い大人に汚されるなんて
耐えられないはず。


芸能人なら世間の目を気にする商売のはず。
甘すぎます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。