スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政治ビラ配布は無罪
2006.08.28(Mon)
今さらながら山田真哉氏の
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を
読みました。
なるほど読み物としてはかなり面白い。
目から鱗とは言わないが鱗の欠片くらいは落ちた。
ただ会計の入門書というよりは
日常経済の知恵とかプチ雑学といった
感じの内容です。
これから経済や経営系の勉強をしたいという
高校生に丁度良い内容ではないでしょうか。


東京都葛飾区のマンションへのビラ配布で
住宅侵入罪に問われた男性に対して、
東京地裁は無罪を言い渡しました。
なかなか面白い判決が出ましたね。


うちのポストにも宅配弁当屋やリフォーム屋の
チラシがよく入ります。
確かに迷惑ですけど捨てれば済む話なので
さほど気にしたことはありません。
何か警察側の意図を感じずにはいられません。
しかも共産党のビラですからね。


たいていのマンションには「関係者以外立ち入り禁止」とか
「ビラ投函禁止」などの掲示が玄関に出ています。
宣伝目的の商業ビラをお断りしている
マンションは多いと思います。
しかし政治ビラとなるとどうでしょう。
政治的表現の自由のためにマンション側としても
拒否するならはっきりと掲示する必要があるでしょう。


政治ビラ配布を否定することはあってはなりません。
しかし個人的に思うのはやはりマンションの
ポストに投函するという方法は自粛すべきだと思う。
住民は自分達の地域が特定の政治団体によって
何らかの監視をされて危害を加えられるのではと
不安を抱く場合もあるかもしれない。


あたしも今回の件は住宅侵入罪には
当たらないと思います。
それなら世の中の全てのポストへの
無断投函を取り締まらねばならなくなる。
そんなバカなことはないわけで、ビラを
配ることの自由を無くしてはならない。
だが居住者への配慮を欠いたような
方法は許されるべきではない。
今回の件は特に問題ではないのだが。


これは大きな判決になると思います。
このところ同種の逮捕が続いているので
治安維持法の再来かなどと極端なことを
言う人もいますが、多くの政治活動など
している人にとって大きな励みになるでしょう。
住宅侵入罪に関してはもう少し判例が
出て来ないことにはOKとNGのラインが
見えません。


一つだけ疑問があってこの男性が
僧侶の方なのです。
あたしはよく知らないのですが
仏道に身を置く人が特定の政治活動を
することってたまにある話なのですか?
月並みな言い方をすると政治の世界が
政教分離を謳うのなら、そのまさに
宗教に生きる人が特定の政治団体を
指示して活動をするということは
筋違いのような気がするのですが。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。