スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


靖国です。
2006.08.16(Wed)
昨日の小泉さんの靖国神社参拝を
どのようにご覧になりましたか?
あたしは好意的に受け止めています。
これだけ報道されたからでしょうが
例年とは比べものにならない参拝者が
訪れたそうです。
これが世論そのものではないでしょうか。


早朝に全学連のヘルメットを被った集団が
総理の参拝反対のデモを始めようとしたところ
警察や他の参拝者からすぐに鎮圧されたり、
加藤紘一さんの自宅が放火されたりと
物々しい場面はあったようですが
なんだか全てが小泉さんの思う坪というか
朝から晩まで小泉劇場を見させられた
1日だったような気もします。


反対派がいうのは「心の問題」という
他人が踏み込めない領域へ問題を追いやって
自分の意地を張り通す事に必死になって
中韓への配慮がなされていないという批判ですよね。
しかしあたしも小泉さんの言うように
一宗教施設に哀悼の意を捧げることが
問題だとは思えません。
たとえ公人であろうが一国の首脳だからこそ
戦没者を参るべきでしょう。
総理は靖国に行くなということが
アジアに対しての配慮なのでしょうか。
はっきり言って中韓にとって靖国は
外交カードの一つでしかありません。
これがだめなら教科書問題、領土問題、
手を変え品を変えカードを切ってきます。
現にこれまでの歴史はそうでした。
国内で分祀論など様々な議論が起こるのは仕方ない。
しかし一国の宗教上の問題に関して
近隣諸国が干渉してくるなどルール違反も
甚だしい。


ガス油田開発や竹島の不法占拠、大使館焼き討ちなど
中韓は平気でルールを破って外交を展開してきたではないか。
A級戦犯が奉られていることが問題?
それをクリアしてもまた難癖つけてくるのは
わかっているのだ。
これはあくまで日本国内の宗教上の論争。
国内の政治家が必要以上に騒ぎ立てることも
近隣諸国からクレームをつけられる覚えもない。


中韓の反応は予想通り。
そして小泉さんの任期切れ直前ということで
あまり騒いでも自分達に得はないと見たのか
大きな反日デモも起らなかったし鎮圧も
していたようだ。


これは小泉さんの言うことを信じたいのだが
日本は中韓と上手くやっていきたいという
思いがあるのは確かだ。
しかしこれからというタイミングで
いつも出鼻をくじくようなことを中韓が
してくる。
向こうが靖国を問題視するのは外交戦略上の
こととして思えば理解できる。
あくまで強気にギリギリの所で交渉を進めて
いかに自国の利益を多くするかが外交の
目的であるからだ。
逆に小泉さんの態度が向こうを苛立たせるのも
一応は理解できる。
同じく中韓は利益を少しでも引き出せる線を
探っている状態なのだから。


だからこそはがゆいのだ。
お互いに不器用と言えるかもしれない。
しかし歴史や宗教の問題を俎上に挙げると
際限なく膨らんでしまい収拾がつかなくなる。
この5年間は東アジアにおける外交の転換点と
なるタームであった。
次の総理には友好を目指すのはもちろん
お互いにしこりを残したまま時間だけが
過ぎないように外交を頑張っていただきたい。


基本的には国内でまずは決着をつけましょう。
妥協点を探りましょう。
戦中・戦後の歴史をもう一度考えましょう。
臭いものに蓋をするような歴史教育は止めましょう。


個人的にはやはり我々が日本史を知らなさすぎるので
まずはそこの改善から。
日教組は意図的に第二次世界大戦以降の歴史の
授業をやらないというカリキュラムを止めなければならない。
そしてやはり高校生には日本史とできれば世界史も
必修科目にいれるべきである。
選択科目なら高校3年間で一回も日本史の授業を
受けないまま卒業する人が現にたくさんいるわけ
じゃないですか。
できれば中学でも近現代史の授業の時間を増やして
もらいたい。


個人的な話で申し訳ないが、
あたしは高校の選択科目で日本史を選択した。
世界史との二者択一で単に既に知っている事が
多いというだけの理由で日本史を選んだ。
そして受験を控えた高3の時の日本史の先生が
なかなか素晴らしい先生で放課後や夏休みの
自由参加の特別授業として明治以降特に日露戦争以降の
内容を教えてくれる時間があった。
おそらく教科書レベルの受験の知識では
必要の無いバターン死の行進やスパイ・ゾルゲ、
硫黄島決戦などのエピソードをわかりやすく
学べる時間であった。


ものすごく歴史に興味を持てたし
これまで中学や高校でも他の先生から
習っていた歴史は何だったのかと
思わされる授業であった。
その時代に生きた人々の考えや息吹に
触れたような気分になれる楽しい時間だった。
それ以来歴史が好きになったわけです。


やっぱり教育って大切だなって思いますよね。
まずは日本の歴史をよく知りましょう。
近隣諸国から何か言われても上手く返せない
ような歴史認識では弱すぎます。
少し小泉さんへの批判もありますが。


あとは食わず嫌いではなくて靖国神社と
遊就館に一度は行くべき。
あたしは行きましたが普通の神社ですよ。
旅行先に護国神社があれば御参りしますしね。
実地体験してみるのも大切ではないでしょうか。


総括:
中韓の外交カードに踊らされるのは愚の骨頂。
あくまで国内問題。
しかしこちらの理論によって他国に聞き入れて
もらえるような(論破できれば直よし)歴史認識を
持ち得ていないのは事実。
だからもう一度歴史を学び戦争の総括をしましょう。
毎年8月の前半2週間だけで考えるのは浅すぎます。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。