スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大熱戦はいいけれど
2006.08.09(Wed)
連日熱戦が繰り広げられる高校野球。
昨日の八重山商工の最終回の同点の場面を
たまたまテレビで観ましたが凄かったですね。


高校野球を観ていて疑問に思うことがいつもあります。
それは敗戦校が甲子園の土を持ってかえるという
例の慣習です。
まぁ一言で言えば気に食わないだけなのですが
まず理由としては練習試合だとか県予選レベルの
試合なら選手達が自分で試合中や終了後に球場への
感謝の気持ちも込めてグラウンド整備をするのが
普通じゃないですか。
当然甲子園には専門のキーパーがいるので、
そのようなことはしないのが普通かもしれませんが。
つまり野球をできるグラウンドへの感謝、
土への感謝、ひいては自然への感謝を整備作業によって
高校生に教えるというのも運動系のクラブ活動の
目的だとあたしは思っています。
これはクラブ活動に教育的要素が多分に含まれていると
したらということが前提ですが。


ならば晴れの大舞台で使用した球場のグラウンドから
土を持ち帰るという行為は球場、主催者、さらには
自然への冒涜ともとれないだろうか。
全国大会の最後だから最後はクラブ活動の本来の
目的を忘れて思い出作りに走っていいのか。
逆に整備を手伝うなり、何らかの形で誠意を最後まで
見せるべきではないのか。


相当穿った見方をしていますがそう思います。
基本的にあたしはアンチ高校野球でして
野球留学の人数の県別内訳が記事で出ていましたが
好意的に観ることができません。
野球だけではなくサッカーやテニス、水泳だって
どんな競技にもあるかもしれませんが、
東北や四国のチームの登録選手のほとんどが
関西出身者で占められるような現状が普通に
なってしまうのはおかしいと思います。


一言で言うならば人生は長い。
スポーツは高校で終わりではなく一生続けられる。
ならば学生の本分である勉学から離れ、友人家族と離れ
クラブ活動漬けになる3年間にどれだけの意味があるのか。
その先に何があるのか。
全国の野球部員は甲子園に出てプロを目指すことだけが
人生の大目標なのか。
皆が一つの方向にしか向いていない状況に違和感を感じる。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。