スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亀田
2006.08.03(Thu)
亀田の世界初挑戦は判定で勝利という
結果に終わりました。
視聴率は凄いことになっているのでしょうね。


観られた方はご存知かと思いますが、
ボクシング特有のホームデシジョンが存分に
働いた後味の悪い試合になってしまいました。
あたしはボクシング中継をよく観ているので
ひどい判定はよく目にして慣れていますが、
普段ボクシングを観ない素人の視聴者層には
衝撃的な判定だったかもしれません。
そもそも素人目にも亀田の劣勢は明らかであり、
それくらい試合内容に差がありました。


パンチの速さ、重さ、当て感、ガード、ステップ、
試合の読みなどなど全ての面でランダエタが
上回っており、亀田は何もさせてもらえなかったというのが
正当な評価ではないでしょうか。


試合終了直後の亀田の浮かない顔や
実況も最後の方はさすがにランダエタ優性を
伝える方向に向いていたことからも
予想だにしない結果だと言えます。
早速2ちゃんねるは荒れに荒れています。
そして意外なのが中継局のTBSの親戚である
毎日新聞のサイトです。
・亀田興毅:解説 後味の悪さ残る判定 0:30
・亀田興毅:「手元にベルトがあるからな」…口調変わらず 0:23
・亀田興毅:勝利のアナウンスに驚きの声…横浜アリーナ 23:10
・亀田興毅:立ち上がりにダウン 判定に疑問の声も 23:05
・亀田興毅:中継のTBSに電話殺到 22:59
といった具合にネガティブ報道が続いています。


やはりボクシングという競技のホームデシジョンを
考えた場合にこの結果は酷いとは思いますが
まぁまぁの判定ではないでしょうか。
露骨にホーム有利な競技なので仕方ないでしょう。
ただ亀田陣営はこれで満足をしているのか聞きたいですね。
ここまで批判してきた連中を結果で黙らせると
陣営は企んでいたはずですがむしろこの結果が
陣営の首を絞めるような気がしてなりません。
これまでなんとなく世論で亀田は凄いということを
聞いていてこの試合で初めて試合を観たという
一般層も多いと思います。
正直この試合を観て亀田をこれまで以上に
評価しようという人はいないでしょう。
むしろ一般層にさえ亀田は口だけという
ある種の風評が広がることが予想されます。


今回で亀田の実力は多くの人に明るみになって
しまいました。
残念ながら毎日新聞サイトの報道通りに
ネガティブな印象を皆は持ってしまうことでしょう。
さて、防衛戦はどうなるでしょうか。
正直このままでは苦しいと思います。
一つ階級を落として本来は2階級下の
元暫定王者相手でさえこの実力差です。
前途は苦しいのではないでしょうか。


以前から具志堅氏やガッツ氏は周りが
言い難いありがたい評価をしてくれていた。
それを聞かずに敵対するようなことばかり
していると本当に孤立してマッチメイクが
できなくなるのではないか。
やはりその世界の先輩のことはよく聞くべき。
陣営が自らを反省しなければ未来は暗いとしか
いいようがない。


それにしても今回のジャッジには失望した。
こんなことを続けているとボクシングという
競技の沽券に関わる。
よりによって国民挙げて注目している時に
こんな判定を出すようでは競技を取り巻く
体質を問われても仕方がない。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。