スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プール事故
2006.08.01(Tue)
8月です。
真夏でございます。
昨日のプール事故は悲しい事件です。


なぜ遊泳中止にしなかったのか。
排水溝のフタが外れるなんて明らかに
異常事態である。
監視員からの報告・連絡体制は充分だったのか。
それを受けての施設管理社の指示はなされたのか。
なされたとすれば注意の呼びかけだけで良いという
判断は間違いではなかったのか。
せめて付近数メートルに近付かないように区切るなり
水中の離れた所で監視員が盾になり誘導するくらいの
対応はできたはずだ。


よくよく思い出してみるとプールの排水溝の
勢いは子供にとって格好の遊び場であった。
あの吸い付くような感覚は得も言われぬ面白さがあった。
もしあれが突然外れて吸い込まれたらと思うとゾッとする。


よりによって市民プールの事故だけに印象が悪い。
子供客が中心だけに安全管理にはこれでもかというほどに
注意してもらいたい。
「ヤクザ・リセッション」でお馴染みのベンジャミン・フルフォード氏は
日本に来て驚いたことの一つとしてプールで1時間に一回
ピーと笛が吹かれて全員が水から上がって水質や施設の
チェックが行われて、ラジオ体操までも行うことを挙げていた。
そのような光景は外国では見当たらず、
日本はなんと親切な国なのだろうと半ば呆れぎみに驚いたという。
しかしこのような事件が起こってしまえば点検の
意味など何もないのではないか。


レジャー施設の安全不備で起こる事件ほど馬鹿馬鹿しいものはない。
悔しいではすまされない。
せめて子供とプールで遊ぶ時くらいは安心して遊びたい。
安全神話の崩壊なんて言うけれど、神話は神話でしかない。
先日も書いたが安心社会は終わった。
何事にも注意を払い自己防衛しなければ家族でレジャーを
楽しめないような社会はまっぴら御免だ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。