スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


振り込め詐欺に思う
2006.07.28(Fri)
振り込め詐欺で50代の男性が自殺という
ニュースをやっていました。
まだこんなことやっているバカな犯罪者が
いるということに驚きである。
しかし厳しいことを言うならひっかかる方にも
落ち度があるのではないか。


こちらの弱みにつけこんでいかにも本当のような話を
電話で持ちかけてきたら気が動転してしまうのは
仕方がない。
だがそもそもどのような事態であれ今すぐ
指定口座に振り込まなければ事態が改善しないという
ようなことはあるまい。
息子がややこしい人に事故で怪我をさせたから
今すぐ振り込まないと示談が成立しないなどの
話はありそうで現実には有り得ないはずだ。


社会学者の山岸俊男によれば日本はこれまで
安心社会であったがこれからは信頼社会に
変容していくそうだ。
つまり、有名校、有名進学塾、一流企業いづれも
そこに通いさえすれば安心というまるで根拠のないものの
積み重ねで日本社会は成り立っていた。
しかしこれからは真に信頼できるモノ・サービスを
選択することが社会の成熟のために必要であるという
論である。


振り込め詐欺は何事もあやふやな社会だから
成立する犯罪かもしれない。
とりあえず急場を凌ぐためには、
安心を得るためには振り込まなければならないという
心理に置かれるのであろう。
相手の話すことは本当なのか、
相手は信頼に値する人物なのか、
吟味しなければならない。
悲しい話だが少しは他人を疑う気持ちを
持って生きた方が懸命なのかもしれない。
些細な電話の向こうが善意の人とは限らないのだから。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。