スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.07.17(Mon)
露鵬の記者への暴行には驚きましたね。
状況的にも記者の側に落ち度があったという
わけでもなさそうなので行き過ぎた行為で
あったとしかいい様がなさそうです。


やはり肉体的に一般人とはパワーが違う
力士が鬱憤を暴力で晴らすのはよくありません。
記者どうこうより風呂場の窓を割ったりだとか
以前にも朝青龍が旭鷲山の車のミラーを破壊したり
だとか腹いせにカッとなって破壊行為に出るという
トラブルが角界に増えてきているような気がします。


今回の件でも個人的にはまず睨み合いになってしまった
千代大海にも非はあります。
紳士であるべき力士が土俵上で睨み合うなど言後同断、
ガッツポーズや一連の土俵儀礼の省略だけでも
好ましいものではありません。
しかし唯一の横綱である朝青龍ですらこのような
基本的な振る舞いを身につけることができていません。
法曹界ではありませんが、さらなる厳罰化は止むなしかと
思っています。
3日間の出場停止はぬるすぎるのでせめて今場所出場停止。
一般人への暴行ということなので懲戒処分を検討しても
良いとさえ思っています。


外国人力士が増えてからというもの土俵マナーの低下が
指摘されてきて協会は指導を強化していくといった
コメントをずっと出していますが、全く改善の兆しは
ないどころか悪化の一途を辿っている気がします。
どうやったら外国人力士に紳士的な土俵マナーを
自然に会得させることができるのでしょうか。


やはり外国で相撲中継を見ている分にはスポーツ競技の
一種としか見えていないのではないでしょうか。
実は礼儀作法にはどの世界よりも厳しくて、
単に動きとして覚えるといったことではなくて
心の部分をそこから学び土俵に還元するというのが
本来の相撲道だと思います。


今の外国人力士には心・技・体の心が圧倒的に
欠けています。
日本人力士には教育をすれば身につく部分かも
しれませんが異文化の力士には本人の自覚や
意欲がなければ本質は見えてこない部分かもしれません。
過去に大成した外国人力士は見事にそれを成し遂げました。
現在は横綱ですら模範にならない時代です。
これから親方にも外国人親方が増えるかもしれません。
協会にとっては今回の件を教訓にして模範となるべき
外国人力士の教育に力を注いでいただきたいです。


本件の報道で読売新聞が
「ガラス割っても、ドア壊してもそれで鬱憤が晴れるならいい、
だが報道関係者への暴力は絶対許さない」と報道しました。
それは違うだろうと。
ガラス割っても器物破損で罪だし、それ以上に暴力はいけない。
けど報道関係者への暴力は許さないってところに
マスコミの特権階級というか変な意識が見えてしまいます。
器物破損で鬱憤が晴れるならいいって部分にも
何か他を見下したような印象を覚えます。
いやはや全国紙にこんな記事が平気で載るとは情けない。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。