スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリー!!
2006.07.10(Mon)
W杯はイタリアの優勝!
MVPはジダンでした。
まず、イタリアはまさにカテナチオと
呼ぶに相応しい堅い守備を最後まで
貫きました。
サッカーは守れなければ勝てない競技で
あるということを改めて教えられた気がします。
特にカンナバロの読みは世界一のCBの
称号を与えるに値する素晴らしいディフェンスでした。
そこにピルロやトニといった若い攻撃陣と
本調子とまではいきませんでしたが
ポイントを抑えた活躍を見せてくれた
トッティやデルピエロの活躍もあり、
ベテランと若手の融合を自然に達成できた
良いチームでした。


しかし負けたフランスにも同じ論評が
当てはまります。
誰がこのチームが決勝に残ると予想したでしょうか。
ジダン、テュラム、マケレレといったベテランと
リベリーをはじめとした若手が噛みあった攻守ともに
手厚いチームです。
ベテラン陣はみな代表から退くようですし、
これから本当の世代交代が始まりそうです。
しかしリベリーの活躍をみるにつけ思ったより
楽観できるかなという印象です。


両チームに共通するのは守りから入った
チームであるということ。
フォア・ザ・チームの徹底。
要職はベテランが占め、周りを若手が汗をかきながら
走るというスタイル。
なんだか日本とは全く違うような。
守備の指導を4年間全くされずに
その場しのぎのルールしかなかった守り方。
未熟な個人の発想に頼りきってチームで
戦うという最低限の規律すら共有できていなかったこと。
全てのポジションを20代後半の選手で固めたため
若手の抜擢がなかったこと。
両チームから学ぶことはたくさんありそうです。


なにはともあれ楽しい楽しい1ヶ月間が終わりました。
自慢じゃないけどほとんどの試合を録画放送含めて
観ましたが、やっぱりやっぱりやっぱり
サッカーは最高にハッピーなスポーツです!

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

ホットな1ヶ月が終了しました。
次は4年後になるのかと思うと待ちきれない重いです。
技術的に確率されているならば「コールドスリープ」もありかなと思ったりして。
そうなると「こち亀」に出てくる某キャラクターと同じだわと思う今日この頃です
2006/07/10(月) 22:26:06 | URL | ネクター #-[ 編集]
サッカー終わってなんとなく寂しいですよね。
日本にも若い芽は有望ですし、オシムなら上手くやってくれるでしょー。たぶん
2006/07/12(水) 18:30:41 | URL | あたしは管理人 #8rLoXPBc[ 編集]
コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。