スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オ、オシム!?
2006.06.25(Sun)
オシムさんの名前が出てきました。
あたしは川淵さんの確信犯的失言だと思いますが。
川淵さんにとっては言った者勝ちというか、
メディアを通じて本人とジェフ千葉にアピールを
したということでしょうか。
しかしオシムの性格からしてこのような
やり方は最も嫌われる手法です。
オシムは非常に実直で心底からサッカーを愛する人間です。
マスコミによって名前だけが一人踊りするような
状況や交渉方法を良しとしない真っ直ぐな人物です。
来月どのような結論になるかはわかりませんが、
川淵「いやぁ?あの会見で名前出しちゃったのがまずかったのかぁ?」
なんて残念な会見にならないように慎重に
交渉を進めてもらいたいです。


しかしトゥルシエ→ジーコときてオシムというのは
日本サッカーはどのような方向性を目指して
いるのでしょうか。
オシムは個を重視するとは言っても
ジーコのような放任主義とは正反対の
研究熱心でガチガチの組織サッカーをするタイプのようです。
これはジーコ路線は失敗だったということを
協会が正式に認めたということでしょうか。
W杯前から交渉を進めてきたと川淵さんは
言いますが、W杯前に現監督を見限っていた
戦わずして評価・結論は出ていたということでしょうか。
ジェフ関係者は会見当日に初めて協会から
連絡があったとのことです。
やはり川淵会見は怪しい点が多すぎます。


オシムといえば「走る」サッカーです。
気迫を全面に押し出すサッカーでもあります。
まさに今の代表に足りない部分を補ってくれる監督です。
おそらく選手選考の基準もジーコのような
ネームバリューや過去の貢献度といった不透明な
ものではなく、旬の選手であり、フォア・ザ・チームを
心得た選手になると思われます。
そう考えるとW杯代表の半分くらいは当てはまりませんが。
協会の方向性は相変わらず不明ですがとにかく期待しましょう。
オシムならおかしなことにはなりません。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。