スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子子子
2006.06.24(Sat)
新聞を読んでいると面白い記事を見つけた。
日本の子供達にサッカーをやらせると、
みんなが中盤をやりたがるらしい。
逆に南米や欧州ではGKやFWが人気なのだか。
一回のミスが致命傷になるGK、FWと
一回のミスだけではどうということはないMF。
このあたりに日本人の責任を取りたくないという
国民性が現われているということです。
なるほどー。


奈良の少年放火事件の詳細が明らかになってきました。
あたしなんて高校までずっと公立で親からも
「勉強!勉強!」なんて言われたこともなかったから
いまいち少年の家庭環境含めてピンとこないのが正直なところ。


こういう事件が起こるたびにマスコミも我々も余計な詮索を
してしまいます。
エリート家庭、一流私立中高、親からの過度の期待。
子を持ったことのないのでわかりませんが
あまり子供に夢を託すのはいかがなものかと思います。
この頃の小中学生はみな塾に行っていると聞きます。
なんだか親ができなかった勉強や一流校への進学を
子供に託して無理強いしているような気がしてなりません。


子供って放ったらかしでも育つと思います。
学校の教科書を理解できればいいではありませんか。
宿題を家でやる習慣を幼い時につけてやるのは親の仕事です。
それを放棄して塾に丸投げというのは無責任すぎるでしょう。
挙句の果てに公立学校が経済的に塾に通えない子供のために
放課後に無償で塾形式の補修授業をする計画まであるとか。
役所がこんな発想だからますます教育がおかしなことになります。


勉強だけが子供の仕事ではありません。
それを教えてやるのが親です。学校の先生の仕事でもあります。
大人は感覚的にわかっているはずです。
学校で学んだことが社会で直接役立つことは少ない。
社会に出ると学歴なんて関係ない。
いかに困難を乗り越え、何を学び、それを生活・仕事にどう活かせるか。
いかに表現できる人間になるのか。
わかっているなら子供への過度の期待や無理強いは止めましょう。
こういうことって意外とわかっていない大人が多いのでしょうか。
医者の息子が必ずしも医者である必要はありません。
人生の選択肢、可能性を狭めるような子育てを親のエゴで
強いるのは止めましょう。


あたしもそんな親になりたいです。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。