スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブラジルの流し方
2006.06.23(Fri)
ブラジル戦が終わりました。
改めてブラジルはすごいなぁと。
96年アイアミの奇跡の時に経験した
集中砲火とも呼ぶべき総攻撃を受けたというほどの
強烈な印象はありませんでした。
しかし、ベテランを休ませて明らかに調整試合の
戦い方をしてきたブラジルに対して何もできずに
終わってしまいました。


玉田が「僕のゴールがブラジルを本気にさせてしまった」と
コメントしましたが決して本気にはなっていません。
前半終了5分前と後半開始10分ほどだけでしょうか、
ブラジルは明らかに畳み掛けようと波状攻撃を
仕掛けてきました。
他の時間はパス回しとドリブルを楽しんでいるかのような
遅攻を中心としたサッカーでした。
緩急の使いわけや時間配分・ペースを意識したサッカーです。
日本は相変わらず後半は足が止まってしまいました。
このあたりに個人能力以前の違いがあると感じました。


そこで日本はラインを下げる必要はなかったのです。
前からプレスに行く意識が全体として低かったです。
しかし日本サッカーの特徴である前線からのプレスが
3試合を通じて発揮されることはありませんでした。
ノーガードの打ち合いは危険ですが、下がってしまって
全員がゴール前に張り付くような状態は最も非効率な状態です。
もう一度自分達のスタイルを再確認すべきでした。


なにはともあれ4年間の狂騒は全て終了しました。
個人的な感想を言うと淡い期待やワクワク感といったものすら
抱くことのない退屈な4年間でした。
オフト、ファルカン、加茂、岡田、トゥルシエ。
前任者達が率いた代表には何かしらの期待があったし
なにより負けても応援し甲斐というものがありました。
今は監督にも選手にも協会にもサポーターにも
サッカーを取り巻く環境にも期待ができません。


さて次の4年間が始まります。
以前にも書きましたが日本サッカー界のパラダイム転換期に
なるであろう4年間がやってきます。
改善すべきは改善しなければありません。
ここで更なる成長がなければ韓国との実力差は開くばかり、
W杯決勝トーナメント進出常連国なんて夢のまた夢です。


次の代表監督は大変な仕事が待っています。
明らかに年齢層の偏った代表に若手を登用して
今の主力を切っていくという作業が待ち受けています。
具体的には川口、楢崎、宮本、中澤、福西、稲本、小野、中田英、
高原、柳沢あたりでしょうか。
このあたりの選手を次世代にチェンジしていかなければ
世代交代に失敗というレッテルを世界から貼られています。
Jリーグ誕生以降初めての意識しての世代交代期に差し掛かります。
この作業を滞りなくできる監督の誕生を待ちたいです。


あとは世界のプレーを楽しみましょう。
日本代表が負けたからってW杯が終わったわけではありません。
今回からサッカーを見るようになった方は決勝トーナメントも
引き続き見てください。
これからが本当のW杯サバイバルが始まりです。


最後に高原いいかげんにしろよ。
2試合でろくにシュートも打たず、最後は10分足らずで
負傷交代かよ。
お前のせいで何回交代枠をムダにしてきたと思っているんだ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。