スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オシムさん倒れる
2007.11.16(Fri)
恐れていた事態がやって来た。
オシムさんの健康面での不安は代表監督就任以前の
ジェフ監督時代から言われ続けていたこと。
成績不振による解任よりも健康悪化による
ストップがかかる方が確率的には高いと
私もずっと思っていた。
タイミング的に年内の代表日程を終えていることが
せめてもの救いだろうか。
現実問題として急性脳梗塞というからには
即現場復帰というわけにもいかないだろう。
しばらくは治療とリハビリが続くはず。


ここは残念ながら後任探しを始める必要が
生じてきそうだ。
上記の通り、年内の日程を終えて次の公式戦は
2月のW杯予選だから時間は充分あるとみて
間違いない。
あせって下手な人選をするよりは時間をかけて
慎重に進めてもらいたい。
個人的にはオシム路線を踏襲できる人が望ましい。
つまりはジーコのような個人頼みのチーム作りでなく
徹底した組織サッカー、日本人の特質を活かした
チーム作りをできる人にお願いしたいものだ。
五輪代表の反町さんはこのところやることなすこと
裏目裏目なので協会内での評価も下がってきているだろう。
まず反町はない。
また欧州のリーグの開幕が迫っているところなので
時期的になかなか大物の招聘も難しいかもしれない。
国内を探しても全く適任者がいないのだから
国内のJリーグ監督か海外のJリーグ経験者から
引っ張ってくるしかないだろう。
今はブッフバルトって何かしてるのかな。


しかし今はオシムさんの回復を祈るばかり。
大したことのない病気ならともかく
急性脳梗塞と聞くと回復しても後遺症が
残ったりとあまり良いイメージのする
病気ではない。
これだけ健康に気をつけているオシムでさえ
突然倒れるのだからいかに代表監督という
職業が心身に堪える職業かということだ。
早く回復して、嫌味なオシム節を早く
聞かせてくださいな。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。