スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.06.19(Mon)
昨日トーゴ代表のことを書きましたがまたしてもトラブル。
今度は選手が次戦に向けての飛行機への搭乗を拒否して
試合ボイコットを画策していたらしいのです。
事なきを得て移動したようですが、どうなっているのでしょうか。


どうなっているといえば日本代表。
もう書きたくない、思い出したくない、触れたくも無い。
初戦に比べれば良かったのは事実。
しかしあれは勝つサッカーではない。
相手の手の平で転がされた挙句に引き分けという
最悪の結果で終えただけの試合であった。


個々の評価でいくとプラス評価は川口だけでしょうか。
もうこの10年間どれだけ川口に感謝したかわからない。
たまにするポロリとかキャッチング能力やフィード力の低さには
イライラさせられるのだけれど、それを補うに値する大舞台での強さには
感服する、感動すら覚える。


それに比べて他の選手は何なのだ。
宮本はなぜ代表に選ばれているのかわからない。
高原は画面に映ることすらなかった。
柳沢はいいかげんにしろ。我慢にもほどがある。


ジーコも勝ちたいならFWをそっくり変えるのではなくて
疲れて動かなくなった中田や中村を変えるべきではなかったのか。
ああいう展開でこそ巻は活きるのではないのか。
次は宮本がいない。大したことではないけど。
しかし宮本と同タイプのバックアップはいない。
そもそも3バックありきのメンバー構成でCB4人では無理だろう。
中澤、坪井、茂庭。
中田浩を除けば純粋なCBは3人。
やはりひと月前のメンバー発表時に感じた不安は現実のものとなった。


あと感じたのは98年W杯のクロアチア戦もボールは日本が支配しながら
終わってみればクロアチアの術中にはまってたって展開だったのですよね。
相変わらず我がチームは進歩がないというか何というか。
噛み合う、噛みあわないで言えばクロアチアと日本は噛みあわない
サッカーになってしまうのかなって感じです。
東欧の国のサッカーの恐ろしさはそこですね。


なにがムカツクってたくさんあるけれど、テレビ中継で
試合終了の瞬間にアップになった大喜びの女の顔。
そして試合終了後に大拍手で健闘を称えて国旗を降り、
嬉しそうに記念撮影にいそしむ現地サポーター。
お前らはあの試合で満足できたのか?
ブーイングして当然の内容と結果だろうがよ。
日本のサッカー文化の未成熟さが改めて浮き彫りになりましたね。


しかしこうなればブラジル戦は肩肘張らずに選手はいけるし
観ている我々も気分的に楽です。
終了前10分に足が止まるという課題は改善されません。
90分を見越したペース配分を当たり前のようにしてくるのがブラジルです。
またブラジル戦が終われば課題や教訓が生まれてくると思います。
それを次の監督に、未来の日本サッカーにつなげようではありませんか。
とにかく頑張れ日本代表。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。