スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.04(Sun)
今日の小沢代表の会見要旨はつまり
「政治的混乱を招いた」
「執行部から信任を得られていないに等しい」という
ことになるのだろうか。
だから辞任というのはイマイチ結びつかないが。


福田総理からの提案は防衛政策に関して
一国に追従する形ではなくて国連中心に
動く小沢理論を飲んだ上で大連立を組もうという
提案だったらしい。
それはそれで驚きだ。
これが実現すれば自民党史に残る大きな政策転換に
なった可能性もある提案だ。
今の自民党はそこまでしても与党に留まりたいという
切羽詰った状況にあるということか。


それを小沢氏は悪くない話だと感じたようで
党に持ち帰ったと。
だが執行部は皆反対をして、小沢代表は自分が
孤立していると判断。
だから信任を得られていないので辞めますと。
どうも腑に落ちないなぁ。


それって代表として信任を得られていないと
イコールになるのだろうか。
いっちゃ悪いが一つの論点について組織内の
全ての声がまとまることなんて有り得ない。
ましてや党の成り立ちからして野合的な雰囲気は
否めない民主党でそれは無理だろう。
執行部ですらそのウイングは広い。


昨年の4月に代表に就任して以降の
小沢氏はほぼ全ての政策、政局に関して
自らの天の声を存分に発揮してきた。
まるで有無は言わさないと言わんばかりの
強権ぶりを発揮してきた。
思えばこうして重大案件に関して執行部に
諮るという民主主義を信奉する政党として
当たり前の常識すらこれまで一年半は
忘れられてきたのではないか。
それが初めて会議に諮られたところ
見事に代表の意向にNOが突きつけられたと。


結局、民主党をどういう方向に舵取りを
していくかという基本方針について
代表、執行部、その他若手中堅の間で
意思統一がなされていないということだろう。
野合は野合のままで党内議論すらまともに
まとまらない最大野党。
それを豪腕で押さえつけてきた小沢代表が
今後の党の生死を決めるべく行われた重大な会議で
あっさりと否定されたという現実。
やはりこの党は誰がトップになったところで
寄せ集めの野党であるという殻を破ることが
できないということではないだろうか。


また小沢代表は会見でまだまだ政権担当能力を
含めて未熟で若い党だからトップが変わることに
よって党も変わらないといけないと指摘した。
しかしそれは小沢氏のような類まれな経験値を
持つ政治家だから指導できることではないのか。
若い党だから更に若返るべく次代に譲りますなんて
余裕は全くないだろう。


それとそもそもの大連立だが小沢代表は
一度自民党と共闘することで党是としての
生活政治が実現できるとしている。
しかし相手は自民党である。
かつて社会党を抱き込んだ自民党である。
勢いがあると言っても未熟に違いない
民主党が自民党とガップリ四つで連立を
組めるというのは現実離れしている。
体よく丸め込まれて骨抜きにされるに
決まっている。
大連立を実現すれば自分達の政策が
できるという意味がわからない。


つまり小沢氏は「政治は生活である」や
国連中心主義の国防政策を実現したいという
熱い思いは確かに強く持っているのだが
それは必ずしも現在の民主党という
屋台骨を借りなくても仮に自民党に
吸収されても自らの思いを遂げられれば
それで良いということなのだろうか。
つまり新生党、新進党、自由党、そして民主党も
利用できるだけ利用しただけということか。
そう思えば小沢氏は他の民主党員よりも
遥かに遠くを見ていたことになり
意思の不一致が遅かれ早かれ起こっていたという
見立てもできなくはない。


会見後半のマスコミ批判と質疑応答の
態度はいただけなかった。
もう最後だからとことんヒールに徹したと
いうのだろうか。
マスコミがここ数日まるで中傷報道を
行ったようにキレまくっていたが
自意識過剰じゃないか。
そもそも自分達がまともに党首会談の内容も
明らかにせず説明責任を果たしているとは
言い切れない状況なのだからマスコミは
少ない情報の中から記事を書かなくては
ならないだろう。
それら全てが完全に真実に合致するはずはない。
ここ数日の小沢氏をはじめ執行部の怪しいともいえる行動や
言動を見ていると何かあるなと勘ぐるのは
当然だろう。
結果として誤報も幾らかはあったかもしれないが
安倍氏を好き放題に攻撃して退陣に追い込んだ
小沢氏やマスコミがどうこう言える話ではない。


それにしても民主党のブーメラン現象は本当に見事だ。
何かチャンスを掴んだら必ず内側から何かが起こって
自滅していく。
また民主党の自爆の歴史に新たな1ページが加わった。
後任に適任者がいるのだろうか。
さしあたって適任な人物がいるようには思えない。
小沢氏自身も無役のまま党に留まるとも思えない。
何にせよ、民主党が不利になって自民党に微かな
追い風が舞い戻ってくるのは間違いない。
ひょっとするとすごい追い風かもしれない。
まだまだ小沢氏の辞任の真相が見えてこないので
もう少し見守りたいと思う。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。