スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.04(Sun)
驚天動地!
まさかのまさかのまさか!
小沢代表が辞意の方針を固めたぞ。
まだ会見が行われていないので
詳しいことはわからない。


安倍前総理がKY(空気読めない)だとすると
小沢さんはKYどころの話ではない。
超弩級のKYである。
民主党はこの3ヶ月間は昇り龍だった。
決して国民の方を向いた党運営ではなかったが
何が何でも政権交代を真っ先に果たしたいという
戦略は理解できる。
戦術はまず過ぎたけど。


こうして見てくると小沢一郎という政治家は
何がしたい人なのだろう。
自民党を飛び出して散々結党と解党を
繰り返した挙句に終の住処として民主党で
最後の大仕事をするはずではなかったのか。
そのために決して得意ではない代表の役職を
一年半ほどこなしてきたのではなかったのか。
しかも民主党結党以来最強の追い風が
吹いていたというのに。
目前に小沢一郎の政治家としての集大成つまりは
自民党の下野というゴールが見えていたのに。
自身の体調と保守系世論からの批判を除けば
何も不安要素もなかったのに。
あえて、あえてである。
あえてチャンスをふいにした。
小沢個人のロスだけではない。
全ての党員、党友、支持者の期待を裏切った。
ウイングを左右に大きく広げたので
打倒・自民で友好関係にあった左派の
期待をも裏切ることになる。


こうして見てみると福田康夫という人物が
どれだけ恐ろしいかという思いがしてくる。
あの2回の党首会談での大連合提案は
最後の引導を小沢代表に突きつけたことになる。
福田流の「抱きつき」戦略は確実に小沢代表を
窮地に追い込み、民主党内での小沢代表の
求心力を弱めていった。
あ?福田康夫は恐ろしや。
小沢氏を知り尽くしている自民党執行部だけに
何が敵を弱めることになるのかを知り尽くしてる。
「抱きつき」爆弾は大爆発を起こした。


これで民主党は空中分解する可能性がある。
昨日も指摘したが民主党の前原グループら
小沢指揮化で冷遇されてきた若手・中堅が
一気に力をつけるかもしれない。
遠慮なく飛び出すかもしれない。
本当の政界再編はこれから始まる。
まずは小沢氏の会見を待とう。
政局は動くぞ。
面白くなるぞ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。