スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.03(Sat)
保守大連立はならなかった。
マスコミは何を期待してか、ことあるごとに
大連立の可能性を囃し立ててきた。
私はそれがマスコミだけの話題だと思っていたけど
まさか福田総理がそれを本気で模索していたとは。


小沢さんが話に乗らないのは当然だろう。
ここまで野党共闘を進めてきたのにそれを
反故にして大連立に走るのは有り得ない。
民主党的にもあまりにも仁義にもとる。
福田総理もそれはちょっと違うんじゃねえかと。
確かに死に体の党を復活させるには敵を
内側に抱き込んで数を増やすという作戦は
ない話ではない。
だが今年の政局の流れと近未来の予測を
考えると小沢民主党が話に乗るわけはない。
小沢さんが十数年越しで掴んだチャンスを
みすみす離すわけがない。
提案するだけ無駄。


私の希望としては前原・枝野チームが
自民党の若手中堅と共に真の保守政策政党を
旗揚げする。
やっぱり民主党内の右派からすれば現状の
小沢流には相当のフラストレーションが
貯まっていると予想するわけで。
このまま小沢さんをのさばらすくらいなら
ごっそり離党して困らせてお灸をすえる
くらいしたほうがよいのでは。
この国政の空転状況をいち早く修正して欲しい。
本当に国民が求めるのはそれだけ。
早く気づいてくださーい。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。