スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.29(Mon)
NOVAの跡を継ぐのはどこの
企業になるのだろうか。
どこも渋っているようで選定は
かなり難航しているようだ。


私も学生時代の就職活動でNOVAを
受けましたですよ。
一次の筆記試験で落ちたけど。
その時の説明会はやたらと大人数が集合してて
あの頃は就職氷河期だったから学生も必死だったの
だろうな。
当時でも何百人単位で採用してたからよほど
離職率がすごいのだろうと想像してた。
その当時のNOVAの売りはテレビ電話での
展開を大々的に進めているところでいわゆる
ブロードバンドの走りだったわけだね。
だから新入社員のお前らは生徒集めて
テレビ電話を売れってそういうこと言われた
記憶がある。
英会話教育がどうこうじゃなくてテレビ電話を
売るのが新卒正社員の仕事だっていうのだから
教育産業だという自覚なんて元々なかったのだろう。


私は英会話なんて興味ないからそういうところに
通ったことはないけど、よりによってNOVAを
選んだ受講生も受講生かなぁと。
でもコムスンも同じだけどこういう滅茶苦茶な
会社に限って他社ができない事業展開をしていたり
するんだようね。
ここの場合は「お茶の間留学」なんてシステムとしても
キャッチコピーとしても大したもんだ。
でもそれで拡大傾向が止まらなくなって教師の質は
下がるは、給与不払いになるは最悪なんだけど。


しかし現実問題として引き継ぎ先が見つからなければ
受講生はどうなるのかしら。
お金は全額返るかどうかわからないし、
中途半端な状態で通学も終了なんて
あまりにも酷い消費者詐欺だ。
なんとかして受講生を救済してあげて
欲しいものだ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。