スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.21(Sun)
赤福の賞味期限改竄は思いのほか
大きな騒動になってきた。
今回の無期限の営業停止は続発する食の信用の失墜に
対して見せしめ的な処分を下して他社に注意を
喚起する意図もあるのだろう。


赤福はおいしいよね。
元々は♪伊勢の名物?赤福餅がええじゃないか?って
CMソングがあるくらいで伊勢のお土産だった。
しかし言われてみれば関西の大きめの駅の
キヨスクには当たり前のように並んでいる。
確かに大阪でも奈良でも三重でもどこでも
大量に売られているのだから冷凍でもしないと
在庫と工場の量が合わないのは理解できなくもない。
確かに工場直送の生菓子だと思っていたものが
冷凍でしかも製造日もはぐらかしていたとなると
残念な気分にはなる。


けれど前にも書いたけど食品メーカーなんて
大なり小なり法令違反はしているに決まっている。
我々消費者だって誰でも知っているんじゃないの。
食品工場や飲食業のバイト経験くらい誰でも
あるのだから、それはわかる話だろう。
あまり鬼の首を取ったかのように企業を責めるのは
どうかなと思うがねぇ。
不二家のケーキだって白い恋人だって赤福餅だって
おいしいおいしいって食べてきて別に腹を下した
わけでもなし。
おいしいものはおいしいってことで目くじら立てずに
食を楽しみましょうやってことですわ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。