スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミャンマーで邦人射殺
2007.09.28(Fri)
ミャンマーの邦人カメラマンは
お気の毒としか言いようが無い。
全く無関係の外国人を至近距離から
射殺するという人間とは思えない蛮行。


だが、しかしである。
恐怖のどん底に陥った阿鼻叫喚の状況で
執拗に撮影する外国人がいたら
気に障るのも頷けなくはない。
もちろん軍政国家そのものが無法者で
その中で一般市民を追い込み続ける
軍人達に同情ができるわけがない。
自己責任とは言いたくないが
そんな悪魔達にカメラを堂々と向けることの
意味は相当に深い。
危険すぎる。


私は亡くなった方をよく知らないけれど
戦場カメラマンにとってはいわば殉職であり
これ以上の名誉ある死に方はないのでは。
警察官、軍人、消防士などとともに
この手の職業に就くということは
死と隣り合わせなのだ。
私は変な同情はしない。
名誉ある死に拍手を送りたい。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。