スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.28(Fri)
時津風部屋の暴行疑惑は酷いな。
ビール瓶、金属バットで殴るなんて
普通のしごきじゃない。
この部屋ではこんなことを常習化していたのだろう。
時津風に限らず相撲界には珍しくない話だ。
今までも暴行疑惑は何度も出てきた話だし
警察も踏み込むのが遅すぎたくらいだ。


こういう行為を指導などと称して平気で
行える先輩力士の神経を疑う。
ここまでくれば明らかに傷害致死。
行き過ぎた暴行を加えれば人間は絶命するという
ことくらいは力士だろうが、子供だろうが
誰でも知っている。
しかも親方が止めるどころか加担していたのだから
始末が悪いどころの話ではない。


朝青龍の八百長疑惑、仮病疑惑に続いて
今年の日本相撲協会はたがが外れたでは
済まない不祥事のオンパレードではないか。
こうもファンを裏切り続けると北の湖理事長の
マネジメントが問われて然るべきだ。
しかしおそらく協会の組織はトップの
責任を問えるような組織形態はしていない。
公益法人に不祥事どころか殺人という刑事事件が
起こっているのに誰も責任を取らないなんて
有り得ないだろう。


まずは警察には更に操作を進めてもらって
時津風親方と暴行犯達を一人残さず逮捕して
司法の場で然るべき決着をすべき。
遺族は民事でも訴えればよい。
そして時津風部屋は解散だ。
北の湖理事長はもちろん辞任。
協会と各部屋の閉鎖的、前近代的な組織を
外部からのチェックが効くような形にする。
一日も早く改革を行わないと大相撲は
本当に壊滅しかねない。


スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。