スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福田内閣が発足
2007.09.25(Tue)
福田内閣が発足した。
閣僚人事は無難な横滑りに渡辺行革大臣と
石破防衛大臣を加えた強力布陣。
これは現時点の与党では最強クラスを
集めたラインナップと言えるだろう。
とりあえずヤマタク外務大臣だけは
回避できたので助かった。


こうして2日間で党四役と閣僚が
決まったわけだが、福田流人事の
方針はよく見て取れる。
まず無難かつ重厚で失言など墓穴を
掘る確率の低いベテラン重視。
こうして党外に攻撃の種を与えるのを
阻止しつつ、党内的にも面と向かって
批判しにくい大物を重用すると。
国民に対しても若手・中堅の多かった
安倍政権よりも福田政権の方が
安全運転ですよと印象づけられる。
こういうことかな。


ただ面白くないといえばそれまでだ。
これからもサプライズは少ないかも。
小泉さんや安倍さんのように民間からの
抜擢というのも現段階の福田さんには
ないかもしれない。
おそらく民間に人脈がないのだと
思うけれど。
少しは面白い人事も見たいなぁ。
若手の大抜擢もないのかなぁ。


麻生派からの入閣はなかった。
やはり福田さんという人は相当
派閥の論理を重視する人なのだろう。
麻生さんがいなくなって、小泉・安倍チームの
ほとんどが中枢から退場させられた。
W中川、世耕、石原、片山さつき、山本一太、
中山恭子、ヤンキー義家先生、菅あたりは
暫く冷や飯を食わされることになるだろう。
たった数日で同じ党にいるのに待遇が
ガラッと変わるなんて世間の会社では
ちょっとない世界だね。
特殊すぎて馴染めないけど。
今後の希望は一つ。
国民の方を向いた政治をお願いいたします!

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。