スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.23(Sun)
福田新総裁が誕生した。
麻生さんは予想外の大健闘。
マスコミでもここまで麻生さんが
健闘することを予想したところは
なかったのではないか。
後半は麻生さんに何票入るかが
話題になって、それによって自民党が
破滅に至るか否かが分かれるみたいな
論調が多かったので、とりあえずは
今すぐの破滅への道という論調は
引っ込むのかな。


福田さんの魅力はやはり人柄だろう。
安倍総理には「許さないリスト」があると
言われたりしたが、福田さんは真逆で
誰とでも上手く付き合うことができるのが
最大の長所と言える。
党内にも党外にも天敵といえるような人が
見当たらず、話し合い路線は民主党小沢陣営を
困らせるに違いない。
これまで与党にはオール反対できた小沢さんの
手法も方針転換を迫られる恐れが出てくる。


あとはチクリとした皮肉をまじえた
ユーモアセンスは面白い。
嫌みが嫌みに聞こえないし、
相手を傷つけることを決して言わない。
また多少の有事にあっても慌てることなく
常に冷静沈着でいられることは権力者としては
特筆すべき能力だろう。


逆に不安な点を挙げると、やはり政策について
どこまで理解があるのかという点である。
演説でもさしてオリジナリティのある
政策論議は出てこなかったし、中枢から
離れていたここ数年の内外の激しい情勢の
変化の中にいきなり放り込まれて直ぐに
フィットできるのかという不安は拭えない。
勉強熱心な人だから大丈夫だと思うが。


それと党内左派ばかりを重用するようなことに
なれば特に外交や国防分野で時代に逆行した
方針が次々と出される危険性も無視できない。
特に古賀、山崎拓ら古い自民党の象徴の人々が
再び権力を握ることには党内若手や国民からも
警戒を持たれることは間違いない。


さて自民党の振り子の理論で安倍総理とは
真逆の福田さんが総裁に就任したことで
自民党さらに日本の政治は復活できるか。
私は割合と上手くいくのではないかと思う。
ただしそれは短期的なもので長期的に見ると
福田さんが先頭を突っ走り続けてできることには
限界があるだろう。
本格的な政権交代前の最後の自民党総理総裁となるか
自民党復活の奇跡の宰相となるか、
楽しみに政局を見守っていこう。






スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。