スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーストラリア戦後
2006.06.14(Wed)
W杯日本代表の初戦オーストラリア戦は
1?3という結果に終わりました。
まぁラッキーゴールの一点以外には
攻めの形が作れたわけでもなく
枠にいったシュートはわずか2本。
最後の9分間のディフェンス陣は
修正不可能なパニック状態に陥ってしまい
精神的な脆さを世界に露呈してしまいました。


私の戦前予想は初戦は引き分けで
残りが連敗、つまり1分2敗と予想して
いたのですが微妙になってきました。


巷間指摘されているように指揮官の
采配の妙が試合を分けたのは間違いないでしょう。
交代した選手が9分間で3点取るなんて
なかなかできることではありませんが
それができてしまうのがヒディングです。
かたや後手後手に回り、手を打つ事すらできずに
終了の笛を聞いたジーコ。
おそらく同点になって以降の約10分間
ジーコの頭の中は正常に思考できる状態には
なかったと想像します。
神様といっても指揮官としては初めての
W杯です(TDの経験はありますが)。
交代選手の使い方や終盤の逃げ切り方に
関して疑問視されていたのは事実。
ジーコの典型的な失策パターンが
よりによってW杯初戦で出てしまったと
いうことでありましょう。


勝てる試合を落としたことや
ジーコに対しての怒りはあるのですが
これはこの4年間で何度も経験してきた
嘆きなのであまり気にしません。


それ以上に日本サッカー界に大きな
うねりというか転換点が来ているような
気がしてなりません。
後々の日本サッカー史から見れば
あのW杯の惨敗の経験が協会を変えたと
いうような変化が起こりそうな気がします。
もちろん変わらなければ次回はアジア予選に
オーストラリアの参戦が決まっており、
アジア枠の減る可能性も高く勝ち抜くことも
難しいと思います。


つまりドーハの悲劇以降、日本サッカーは
世界に追いつき追い越せとばかりに
懸命に努力を重ね緩やかな右肩上がりの
成長を遂げてきました。
しかし、その中で決定力不足やゲーム運びのまずさといった
弱点は解消の兆しも見えません。
このタイミングで本気で取り組まなければ
誰が代表監督になっても変わらないと思います。
今までの育成方法や代表監督選考のやり方、
監督の権限や様々な問題について検証をすべきです。
ジーコの失政のテクニカルレポート作成くらいのことは
協会もやるでしょうが、もっと表面的な問題ではない
シュートの精度、大舞台で力を出し切れないなどの精神的な弱さや
日本サッカーが本当に目指すべき方向性などを
識者も交えて評価していただきたいです。


なんとなくですが監督を変えてなんとかなる
問題ではないということがはっきり出て来たように
昨日の試合で感じました。
ここで協会を挙げて本気で猛省しなければ
日本サッカーの未来は暗いものとなるでしょう。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。