スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.14(Fri)
寝屋川教職員殺傷事件
(平成18年(わ)第1743号)
H19.9.13(木) 大阪高裁


寝屋川事件の最終弁論。
弁護側は徹底して広汎性発達障害の特性を
理解し考慮した判決を求める内容。
原審は懲役12年の少年刑務所行きだったが
なんとしても少年院送致にしてもらいたいという
戦術を最後まで曲げなかった。


発達障害者への個別プログラムが期待できない
刑務所ではむしろ認知・行動の克服どころか
悪化する可能性もあると強調。
また幼少期からの周囲の無理解、支援のなさという
社会の問題も大きいと主張した。


検察側はそれらをことごとく否定。
まず量刑を決めるのに被告を収容する施設の
運用実態を考慮に入れるなどという発想自体が
本末転倒だと当然の指摘。
また発達障害を真に克服するためには長期間の
収容・教育が必要であり、それならば刑務所が
むしろ本人のために向いていると。


さらに弁護側提出の証拠の中には偏った
イデオロギーを持った人物の論文も含まれており
およそ証拠能力を持たないと反論。
最後に被害者・遺族からの手紙を紹介し
被害者感情を鑑みると無期懲役が相当と
これまで通りの主張を崩さなかった。


私のような法律素人には量刑判断をどうこうとは
言えないけれど、確かに検察の言うことが
確かだと感じる。
いわゆる「更正に資する弁護」という立場の
弁護団が少年の将来のために個別プログラムを
期待できる少年院を希望するのは理解できる。
しかし刑事裁判の基本中の基本に立ち返れば
施設の運用実態を比較して、この被告には
こっちが向いてそう、あちらの被告は
あっちの施設にしよう、なんてことは素人目に見ても
裁判の実態にそぐわない主張だと感じる。
当たり前のことを気づかせてもらえたので
この検察の当たり前の指摘は大変勉強になった。


被害者遺族感情を出されると厳しいものがある。
それをことさらに強調すると無期懲役ですら
甘い処分だと論理の飛躍になり単なる感情論に
陥る可能性があると思う。
私はいわゆる被害者感情重視の昨今の司法の
状況には疑問を感じているのであまり
こちらは感心しない。


もう私の拙い刑事裁判の知識ではこれ以上の
深い分析はできない。
あとは判事に全てを委ねよう。
見たところでは中立そうな判事なので
非常識な判決は出ないだろう。
判決は10月25日(木)10時から。
私が裁判員ならどうするかなぁ。
一日ずっと考えてたけど結論出せない。
裁判員になったら本当に難しい仕事が
たくさん出てくるだろうなぁと思う。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。