スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.12(Wed)
あきれた。
あきれて物も言えない。
あなたはここまでひ弱な人でしたか。
安倍総理が突然辞任をした。
組閣から2週間、所信表明演説の2日後。
とんでもない。


一昨日には「職を賭して」発言について
書いた中で安倍さんは近い将来の辞任を
意識していると指摘したけれど、
まさかこれほどすぐにそのような
緊急事態が起こるとは。


一年を振り返ると本当に色々とあった。
業績は素晴らしいものを残した。
しかしこれほどつまらないスキャンダルが
相次いだ政権もなかった。
そしてそれらの処理はいつも後手後手。
そう、安倍さんに足りなかったのは
最初から最後まで決断力だった。


お坊ちゃまは性格が優しすぎるのだろうか。
問題の閣僚や官僚をぶった切ったり
叱責したり、自らがトップであるという
威厳を職務の中に発揮できなかった。
確かに能力はあるのだろう。
政策立案能力もある。
口だってたたないわけではない。
人柄もどうやら良さそうだ。
しかし如何せん権力があっても
それを縦横無尽に使いこなす
知恵やリーダーシップが足りない。


テロ特措法延長に執念を見せたわけだけど
このタイミングでトップが交代することが
どれだけ与党にマイナスの影響があるのか
計算できないわけではないだろう。
予定されていた本会議が中止されただけでも
誰にとっても良い影響などはない。


そもそも社会人としてこんな対応が
許されるのだろうか。
否ありえないだろう。
健康問題も指摘されているが簡潔に言えば
心が折れてしまった、ということだ。
もうダメだ、こんな仕事はやってられない、
このプレッシャーに耐えられなくなったと。


まず自民党がこれで浮上することはますます
なくなったと思う。
ただでさえ死に体になっていた自民党が
いよいよ沈没する。
誰が次期総理総裁になろうと無理なものは
無理だ。
国、与党のトップがこんな様子では
国民の信任を得られるわけがない。


安倍さん個人の将来については
まだまだ若いのだから再登板は
あり得るだろう。
それまではライフワークである
拉致問題に取り組むなどして
一議員として実績を積んでいけば良い。
そちらでの手腕はこの数年来評価されて
きたのだから活躍の余地はあるだろう。


とにかく日本の政治状況はめちゃくちゃだ。
これだけトップや閣僚がころころ変わる
国が他国から信用されるわけがないだろう。
国内の自民・民主の争いがどうこうよりも
こんなゴタゴタが世界からどんな評価を
受けるのかが気になる。
とにかく情けない。
金美齢さんは「日本人の劣化」を頻繁に
指摘するがまさしく安倍晋三こそが
「日本人の劣化」の象徴だ。


誰が後任になっても大差はない。
これまで私は麻生さんを後任として
応援してきた。
しかし本当に自民党が浮上するためには
あえて谷垣、福田両氏のようなリベラルでも
構わないような気もしてきた。


私はこれまで保守の星である安倍さんを
評価してきた。
少しのスキャンダルにも細かいことに
クヨクヨするなとエールを送ってきた。
しかし今日私はわかった。
この人はトップとしての自覚のない
非常識な劣化した日本人だった。
社会人としての常識も持ち合わせていない
残念な人物だった。
こんな辞め方はないだろう。
ふざけるな、安倍晋三。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。