スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.10(Mon)
安倍首相の決意が炸裂した。
インド洋上での自衛隊給油活動が継続できなければ
退陣も辞さないとコメントを出した。
どうしたのだ晋三さんよ。
急に男らしくなったじゃないか。
国民投票法でも、教育基本法でも、
社保庁問題でもこんなに強い決意を
聞いたことはなかったぞ。


私は非常に穿った見方をしているのだが
野党がこのところ指摘しているように
国会召集を遅らせた時点で安倍さんには
特措法延長が無理だと踏んでいたのではないかと
実は私も思っている。
参院選での与党大敗、そして小沢さんの
予想通りの頑固一徹さを見るにつけ
数がモノを言う世界で今回ばかりは
勝ち目がなくなったと早々に結論を
出したのだと思う。
そうでなければスケジュールを逆算して
早めに召集するはず。


ここは退陣をして党のため、わが身の
将来のために一度身を引こうと判断したのでは
ないだろうか。
攻めの姿勢を取りつつも後陣をせっせと
固めるような戦法。
どう見てもそうとしか思えないのだ。
言葉は悪いが今回のファイト宣言も
本気の本気の強気の強気ではなくて
悪く言えばポーズ、ソフトランディングのための
アリバイ作りとでも言おうか。


逆にプラスに捉えると安部さん本来の
戦う政治家としての姿、国際的公約を
果たすという責任感の発露とも言える。
しかし現実の政治日程や与党の動きを
見ているとそうには思えないのだがね。
私は安倍さんを応援するし、
特措法だって延長して欲しい。
反対する民主党は対案なり
国際テロとの戦いへの日本なりの
参加方法を提示して欲しい。
それを比較して論戦をして決めるなら
ともかく何でも反対ありきの小沢民主党では
何を期待しろと言うのか。


自民党も民主党もこの重要案件に関しては
本当に情けないというか何と言うか。
世界が注視している問題だけに
国内の政争の具にするようなことだけは
ないようにしてもらいたい。
「安倍か小沢か」と国民に問うた安倍さんの
参院選戦術はバカバカしかったが今回の
退陣発言も同じような危険な嫌な匂いが
そこから漂う。
与党にはオールNOの小沢民主党もダメ、
退陣を半ば容認したかのような安倍政権もダメ。
本当に9月の国内政治はダメダメちゃんばっかりだ。


スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。