スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.27(Mon)
昨日は神戸・新開地の神戸アートビレッジセンター
「ヒロシマナガサキ」を観た。
日系米国人のスティーブン・オカザキ監督の
被爆者へのインタビューと貴重なニュース映像や
初公開映像を巧みに使った良作だ。
KAVCは初めて行ったので場所を探しながらだったけど
まさかボートピア新開地の隣だったとは。
あの辺りは兵庫県随一の労働者の町で簡易宿泊所や
ソープ街があるところ。
ああいう香ばしい町に明らかに不似合いな
オシャレビルが。
ギャップがよろしいな。


映画はかなり良かった。
オープニングにいきなり「あふりらんぽ」が出てきたのは
ビックリだったけどw
町行く若者に「1945年8月6日と9日は何の日?」と
聞くオープニングはベタと言えばベタだけど
導入部の手法としては手堅いわね。
それからは被爆者に被爆の瞬間のことや
戦後の町の様子や自身の傷や苦労について
語ってもらうという内容。


改めて思ったのはやっぱり生の声を聞くのは
胸に響くなぁと。
響きすぎるほどに響いた。
特に後半は非常に生々しい傷跡や治療の様子を
取り上げた秘蔵フィルムの連続でちょっぴり
観ていて疲れた。
血生臭い映像には弱い方なので思わず目を
背けてしまうこともしばしばだった。


特に印象に残ったシーンを一つだけ。
戦後10年後くらいにアメリカのTVショーに
被爆者が出演をしてエノラ・ゲイの乗組員と対面をして
握手をしたり、乗組員から沈痛な言葉が
出てきたりというシーン。
こういう番組があったんだね。
はっきり言えばアメリカは趣味が悪い。
司会者が被爆者達のアメリカでの形成手術のために
みなさん寄付をお願いします、みたいなことも言うわけ。
そうしたら乗組員も私もしますとか言うわけ。
もうお前らはどれだけポーズが好きなんだと。
私の反米心にますます火がついたよ。


総じて評価は高い映画だ。
まさに映画冒頭で8月6日、9日を聞かれても
わからなかった世代が見るべき。
私達のような戦後世代は戦争といえば
生きるか死ぬか、殺すか殺されるかという
二者択一で考えがちだ。
しかし仮に生き残ったとしても不具に陥ったり
一生消せない傷を見た目にも心にも負うことになる。
やれ閉塞感を打破するためにいっそのこと戦争が
起こればよい、みたいな極端な言質も一部の若い
世代にはあるけれど、この映画を観たらどれだけ
戦争の現場がむごたらしいかがよくわかると思う。
私なら軽々しくそういうことは言えないね。
ちょっぴりヘビーな映画だけど心にフタをせずに
過去の市井の人々の悲劇について知ることは
大切なことだと思った。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。