スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.24(Fri)
今日は大阪の難波周辺をブラリしてた。
お目当てはワッハ上方という上方演芸の資料館。
今日から3日間特別に無料で開放されるというので
初めて見てきた。
けっこう色々と古い資料がたくさんあって
きっと価値のあるものだろうけど、さすがに
エンタツ・アチャコとか落語や浪曲なんかの
大師匠方になるとよく知らない。
ここの目玉はやはり豊富な視聴覚資料だろう。
懐かしの漫才や落語に触れるのも楽しいものだ。
期間中はミナミ全体でスタンプラリーも
やっているようなので明日、明後日予定のない方はいかが?


昼食は金龍ラーメンという関西では有名な
ラーメン屋へ。
ワッハ上方向かい、NGKの隣。
ラーメンが600円で白ご飯はおかわり自由という
かなり良心的な価格設定。
暑い時に熱いラーメンでご飯をモリモリ食べる、
きっと外回りの皆さんの強い味方になるはず。
チャーシューも5枚くらい入っていたし
味も◎。


続いては上方浮世絵館へ。
法善寺の向かい。
春に大阪市立美術館で浮世絵展を見て以来
すっかり浮世絵好きな私。
たまたま私しか客がいなかったので
ゆっくり見れてよかった。
しかし浮世絵ってやつは面白いね。
美術の知識なしで楽しめるところがいい。


普段はあまりミナミ、つまり難波や心斎橋方面に
出ることがないので色々と町の変化には
驚かされる。
はっきり行ってミナミという地域は歴史的には
負の面が多くて、幾多の悲しい歴史を背負ってきた
地域だと言える。
千日前は刑場だったし、難波は遊郭地帯だった。
それが今では大阪を象徴する町として大繁盛だ。
粉物文化、お笑い文化、ついでにパチンコ文化まで。
道を歩けば外国人に当たる状態で様々な国籍の
観光客が訪れる町になっている。
そういえばビックカメラには世界陸上のどこかの
選手達がパソコン売り場を熱心に見てたぞ。


それはこの地域の活性化を間違いなくもたらしている。
梅田近辺の方がまさに関西の中心地で規模は大きいけど
あちらは東京発信の画一的なファッションビルだったり
いかにも流行を狙った町なので真の大阪文化は
心斎橋以南にあり、と捉えることができるだろう。
だが町の至るところにホームレスが寝ていたり
ダンボール満載のリヤカーを引いたオジサンが
我が物顔で車道を通っていたりと私達関西人には
馴染みの風景でも他の地域の人や外国人から見れば
どう見えるのだろうかという光景も多い。


私達が観光をし、たくさんのお金を落としている
すぐ隣で生きるか死ぬかの生活をしている人がいる。
私達はそういう人達に思いを致すことも必要なのでは
ないだろうか。
近頃の日本人の病理の一つに自分は「こっち」の世界の住民、
ホームレスや弱者は「あっち」の世界の住民といったように
自分と違う生活様式、思考を持った人達とは関わりたくない
または攻撃を好きなだけ加えても構わないといったような
空気があるように思う。
ミナミにはたくさんの疲弊した社会病理が充満しているが
私達はどれだけ感じることができているだろうか。
つまり物質生活の裏には様々な負の面があるという
ことでござんす。
暑い日に熱い町でこんなアツイこと考えながら
散歩してました。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。