スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.12(Sun)
2007年8月8日(水)


高野山の巻


関西私鉄の共通乗車カード等を
発売しているスルッとKANSAIから夏休み限定の
乗り放題券(3dayチケット)が出ている。
3日間5000円で乗り放題。
スルッとKANSAIは路線バスやケーブルなども
参加しているのでなかなかお得なパスだと思う。
関西都心部からの主な遠方地でいくと
姫路、有馬温泉、神戸空港、大阪空港、南港、
関西国際空港、高野山、比叡山、飛鳥、天理、
宇治、嵐山、鞍馬など。
もちろん奈良や京都の主要スポットも電車と
バスを駆使すれば大抵の場所は行けてしまう。
とても便利なパスなのだ。


これで今回は高野山に行ってきた。
世界遺産に登録された弘法大師の里である。
難波からの時間で紹介。


難波 7:48
 ↓南海高野線
 ↓
極楽橋 9:28 
 ↓  9:35
 ↓南海高野山ケーブル
高野山 9:40 (1230円 64.6km)


意外と高野山は近かったかな。
もっと山奥かと思ってた。
でも南海も河内長野を過ぎた辺りからは
いかにも遠くまで来たな?って車窓風景が
続きます。
ケーブルはほとんどの席が埋まるほど。
行き帰りともにかなり乗車率は高かった。
夏休みだからか、一年中こんな混雑なのだろうか。


私は仏教の知識が全くなくて空海さんに関しても
高校日本史以上の知識がないけれど、さすがに
世界遺産だけあって見所は沢山だった。
仏教美術の素晴らしさは素人目にもわかりましたぞ。


●山上ルート
ケーブル高野山駅
 ↓南海りんかんバス(210円)
女人道
 ↓
金剛峰寺
 ↓
大師教会
 ↓
霊宝館
 ↓
金堂、根本大塔
 ↓
大門
 ↓
徳川家霊台
 ↓
奥の院
 ↓南海りんかんバス(400円)
ケーブル高野山駅


こんな感じで。
観光案内所で6ヶ所の施設を見学できる
共通券が1500円で発売されている。
これで金剛峰寺、徳川家霊台、大師教会、
金堂、根本大塔、霊宝館が見れる。
普通に6ヶ所回ると2200円なので
700円もお得。
この共通券はけっこうお得ね。
大師教会では説法を聞いて授戒が受けられるので
宗派問わず軽い気持ちで行ってみましょう。
一日に何回か時間が決められて行われている。
個人的には霊宝館はすごい立派な美術が
たくさんで圧倒された。
南海りんかんバスもパスで乗れますぜ。


高野山 14:29
 ↓南海高野山ケーブル
 ↓
極楽橋 14:34
 ↓  14:42
 ↓南海高野線
天下茶屋 16:16
 ↓   16:44
 ↓南海本線
和歌山市 17:54 (1640円 122.8km)


次に私は意味不明な移動を試みた。
和歌山市へ行こうとすると橋本から
JRに乗り変えるのが普通だ。
しかしスルッとKANSAIは私鉄のみなので
南海で行こうとすると天下茶屋に戻って
本線に乗り換えないといけない。
これは疲れるのでオススメしまへん。
そして生まれて始めての和歌山城。
てっきり天守閣は時間的に無理かと
思っていたのに夏休みなのでナイター営業中で
19時までやってた。
行ってから初めて知ったのでラッキー。


和歌山市 19:43
 ↓南海本線
 ↓
泉佐野 20:10 
 ↓  20:19
 ↓空港線
関西空港 20:28 (840円 39.0km)


締めは用事ないけど関空へ。
二期滑走路が開通したので何か
見学できるかと思ったけど夜は
何もやってなかった。
空港横のホテルとか入ってる建物で
松屋のビビン丼を食べた。
りんくうタウンに行ったことないから
次は行きたいな。
やっとこさ帰路へ。


関西空港 21:14
 ↓空港線(本線)
 ↓
難波 22:04 (890円 42.8km)


高野山は私みたいな全くの一見さんもいれば
外国からの人も多いし、特に奥の院の燈籠堂なんかでは
真剣に祈りを捧げている人もいて本当に色々な人が
訪れる所だと思った。
時期的にお盆前だからか、奥の院ではお墓参りを
するファミリーも多かった。
身近な所にある世界遺産なのでまた再訪したいと思う。


南海電鉄 高野山ガイド
南海りんかんバス
高野山宿坊組合・高野山観光協会
和歌山城(和歌山市役所サイト)
社団法人 和歌山県観光連盟


↓女人堂
RIMG0138.jpg

↓金剛峰寺
RIMG0155.jpg

↓蟠龍庭(金剛峰寺内の枯山水)
RIMG0147.jpg

↓大師教会
RIMG0156.jpg

↓霊宝館
RIMG0158.jpg

↓根本大塔
RIMG0159.jpg

↓金堂
RIMG0160.jpg

↓大門
RIMG0166.jpg

↓ケーブル
RIMG0172.jpg

↓和歌山城
RIMG0173.jpg

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。