スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マネー
2006.06.05(Mon)
村上世彰容疑者が逮捕されました。
インサイダーと知りながら取引したのかと
いう点が今後の争点となるでしょうか。


堀江にせよ村上にせよやはり加速度的に
お金が集まる状況に置かれた人間は時として
法を犯すという過ちを犯すということでしょうか。
ただ世間の論調として「額に汗して働かない人間はダメ」
みたいな方向性の意見がテレビから流れていることは
少し違うかな?と。
誰だってお金が余れば上手く運用して
資産を増やしたいと思うじゃないですか。
一個人なら預貯金もするし株取引もするし
外貨預金したりとかギャンブルだってするわけだし。
それが大企業であったり資産家の場合は
ファンドっていう選択肢になるわけでしょ。


村上の会見でも言ってたけど金儲け自体を
否定するような社会はいけないと思う。
ルールの中で金儲けをすることは人間が
生きるために必要なわけでそんなことすら
わからずに大人になったら就職もできないと思う。
その中でM&Aとかで企業価値、株主価値を
高める事は経済社会の発展のために必要だ。


それすらを否定するようなマスコミの論調や
星野SDの発言にはどうしても納得できない。
ルールを破った村上は悪い。
しかしそういう村上を作ったのは投資家であり
日本社会である。
未曾有の不況から好況に転じ始めた日本社会である。
誰に責任があるなんてことはない。
ただ資本主義で生き抜くってことを知らない
日本人はもっと勉強しなければいけないなって
あたしも含めて堀江と村上の一連の騒動を
見ていて思います。
それは教育の世界にも当てはまります。


若い人がこういう人達に憧れるか憧れないかは自由。
それを吟味できる目を日本国民は今一度勉強することが
必要であろうと感じます。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。