スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.05(Sun)
急いでいる時に限って電車が
遅れていることってあるじゃない。
たまにだったら気にもしないよね。
でもJR西日本のダイヤの乱れ方は尋常ではない。
あれは何?
神戸線とか環状線とか主要な在来線が平気で
30分遅れとかやってる。
そりゃ1年に一回くらいは大きな乱れも仕方ない。
でも5分程度の小さな遅れはほぼ連日、
10分以上の遅れにも出くわす。
30分以上遅れるなんて論外だ。


阪神電車や阪急電車はほぼ正確なダイヤで
運行している。
30分遅れるような話は聞かない。
なぜ私鉄ができてJRができないのか?
全国のJRでもそうなのだろうか。
それはわからないけどとにかくJR西日本特に
大阪近郊の主要在来線のダイヤの乱れは酷すぎる。
脱線事故以降は安全面が問題視されて
最近は停電が相次いで駅施設のメンテナンスの不備などは
色々と指摘がされているけれど、それに輪をかけて
正確な運行すらできないとなると一体どんな
組織なのだろうと不思議だ。


原因に人身事故つまり自殺の増加は無視できないだろう。
しかしそれだって関西私鉄ではあまり聞かない。
JRでばかり人身事故が起こる要因は何なのだろう。
このJR西日本の日々止まらない異常なダイヤの乱れは
本当に問題視すべきだ。
「どうせJRのやることだから」で片付けたくはない。
ひいては安全の向上に繋がる改善事項だと思う。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。