スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.03(Fri)
第6回 湖東・湖北


竹生島の巻


皆さんは竹生島をご存知かしら?
琵琶湖に浮かぶ無人島だ。
性格には西国三十三番観音霊場の30番札所である
竹生島宝厳寺と都久夫須麻神社、それと売店がある。
ここが非常に冷厳あらたかな伝説の島として崇められており
信仰心のあつい人々の来島が途絶えることがないという。


長浜港から琵琶湖汽船のフェリーで30分。
往復で2980円なので高いと思うかどうかは微妙。
最終便の行きは15:15発で帰りは17:00発で島を
出ないといけないので75分間だけの上陸。
しかしお寺と神社と売店以外に寄り道のしようもない
小さな島なので普通は1時間あれば充分かと思う。
同じ船には20人ほどの乗客があった。
一人者、ファミリー、老夫婦。
老若男女関係なさそうだ。
意外と人気があるようでビックリした。
↓琵琶湖汽船フェリー
RIMG0115.jpg

↓島の港
RIMG0114.jpg


まずは入島料として400円を払う。
入島料なんていかにも秘境な感じでいいね。
まずは宝厳寺へ。
階段がきつい。
宝物殿では仏教美術がわからない私でも圧倒されるような
迫力の掛け軸などが展示されていた。
↓宝厳寺
RIMG0118.jpg


そして都久夫須麻神社へ。
ここは拝所から鳥居に向かって瓦(500円)を投げると
ご利益があるという面白い風習がある。
私もやりたかったけど、既に営業終了だったようだ。
↓都久夫須麻神社
RIMG0124.jpg

↓鳥居にはかわらが一杯(かわらで地面が埋まってます)
RIMG0125.jpg


乗船時間までは土産物屋を。
店のオバサンがものすごい気さくで客にお茶やお菓子を
配ったり感じがよかった。
アユの醤油漬け(500円)を購入。
空を見上げると鳥が数え切れないほど飛んでいる。
どうやら島北側の糞尿被害は島の自然を破壊するほど
深刻なもので嘉田知事の案内で安倍総理も視察に
訪れたほどだ。
確かに怖いくらい尋常じゃない鳥の群れだった。
17時に島をサヨナラして17:30に長浜港着。


宝厳島
竹生島クルーズ(琵琶湖汽船)
都久夫須麻神社(竹生島神社)


腹ごしらえのために長浜駅東側の駅前通りを東へ2分。
観光案内パンフレットに出ていた「鳥喜多」という食堂へ。
親子丼(580円)をいただく。
鶏肉がものすごく柔らかくておいしかった。
他のお客も観光客ばかりだったので有名店なのだろう。
良心的な値段で店員さんの愛想も良かったので大満足。


鳥喜多(ぐるなびより)
敦賀の巻


長浜 18:13
 ↓北陸本線
 ↓(650円、38.2km)
敦賀 18:49


新快速が敦賀まで延びて京阪神から近くなった敦賀。
とりあえず気比神宮を目指したがやっぱり時間的に
閉門された後だったので外から写真だけ。
(でもピンボケしまくりなのでUpはしまへん)


この町の駅前商店街は閉店が早いのか、
そもそも廃業してしまったのか見事にシャッター通りに
なってしまっている。
新快速が止まる駅の19時ならもっと活気が欲しい。
それにしても滋賀や福井の駅前はどこでも平和堂だけが
開いていて個人商店は閉まっているというお決まりの
パターンがあるようだ。


敦賀 19:52
 ↓北陸本線
 ↓
長浜 20:33
 ↓ 20:42
 ↓東海道線
大阪 22:20(20分くらい遅れて40分頃着)
2210円、136.9km


今回も予定を詰め込みすぎた感があって疲れた。
収穫は話題の彦根城を見れたことと神秘の竹生島に
上陸できたことだ。
特に竹生島はなぜ湖の中に島があるのかという
地理的な好奇心と、信仰の対象となるに至る
歴史的な好奇心と様々な要素を含んでいる。
琵琶湖には他にも島があるのでいつかは
全て訪れてみたいものだ。


各停運賃換算:4980円
鉄道移動距離:293.3km






スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。