スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.03(Fri)
第6回 湖東・湖北


長浜の巻


JR彦根 12:35
  ↓東海道線
  ↓
  米原 12:41
  ↓  13:03
  ↓北陸本線
  長浜 13:13 (230円、13.7km)


次は秀吉の城下町である長浜。
ここも彦根と同様に徒歩圏内でたいていのスポットが回れる。
まずは駅西側の豊公園にある長浜城。
城内は歴史博物館になっている。(大人400円)
ここでは長浜や湖北の歴史や織田・豊臣・浅井氏らとの
地域の関わりについて学べる。


↓長浜城
RIMG0099.jpg


長浜城歴史博物館
長浜観光協会


次は線路を越えた反対側(駅東側)の豊国神社へ。
読んで字のごとし、秀吉を祭る。
そこから少し歩くとガラス工芸品などの土産物屋が
立ち並ぶ黒壁スクエアという一帯へ。
その中のという旧家を見学(大人200円)。
プチブームの北大路魯山人が食客として過ごした旧家だ。
明治の建築の中はとても心が落ち着いた。


↓豊国神社
RIMG0103.jpg

↓北国街道安藤家
RIMG0107.jpg


豊国神社(滋賀県観光情報より)
黒壁スクエア
北国街道安藤家(長浜観光協会より)


次は再び駅西側へ移動して長浜鉄道スクエア(大人300円)。
私は鉄ちゃんではないけどここは好きな人にはたまらないと
想像できる。
明治時代の鉄道黎明期を記録した資料が豊富だ。
建物は旧長浜駅舎だそう。


↓長浜鉄道スクエア
RIMG0108.jpg


長浜鉄道スクエア(長浜観光協会より)


スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。