スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝青龍の処分は妥当?
2007.08.02(Thu)
朝青龍の処分はなかなか厳しい判断が下された。
二場所の出場停止など横綱でなくとも不名誉極まりない。
こういう自分の置かれた立場を弁えていない人物が
横綱を名乗る資格はない。
横綱は転落することがないから本人の意志で現役を
いつまでも続けることができる。
それは自分の地位、立場を理解したトップだからこそ
許される特権ともいえる。
どれだけトラブルを起こしても反省できない、
しようともしない、こんな人物に横綱の地位は
相応しくない。
土台無理だったのだ。
この処分を本当に理解するなら潔く自ら身を処すべきだ。
横綱が処分を受けるということは引退勧告を受けたに
等しいと私は思うのだが。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。