スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.31(Tue)
波乱の参院選が終わりもうした。
結果は自民党が歴史的大敗、民主党が大勝。
他の政党は全く奮わず。
私なりの雑感をいくらか。


私のように保守の人間からすれば安倍晋三という
人物は待ちに待った救世主のような面がある。
これまで長らく憲法改正を口にするだけで
非国民のような扱いをされてきた時代があった。
そんな時代を経て様々な保守系政治家のなかにあっては
思想、実行力、経歴も人柄も申し分ない人物に
見えてしまう。
致し方ない面はあるのだがどうしても肩肘張って
応援してしまう。
この安倍という男がダメなら他に誰が真の保守政治を
実現できるものかと。
私はひょっとすると客観視できていないのかもしれないが。


他の内閣が一代で達成できなかったことを
たったの10ヶ月で4つも5つも達成してしまった。
そのスピード感たるや凄まじい。
しかしそれを急ぐあまりに強引な国会運営が目についた
ことは確かである。
もう少し野党と強調しながら事を進めることは
できたのではないだろうか。
小沢さんが何でもかんでも自民党に反対をしたり
一旦は決まりかけたことでも小沢さん独特の政局観が
ビンビン働くのか台無しにしてしまうようなことも
多かった。
確かに自民党のブレーキの踏み込みが甘かったことは
多々あるのだけど、小沢さんの独自手法で対決姿勢を
出されると少々やりにくい思いをしたのは安倍さん
だけでなく民主党内部にも多かったはずだ。
売られたケンカを買うのは勝手だが安倍さんは
お坊ちゃまだからケンカの買い方を知らないのだろう。
それが知らず知らずに小沢ペースに引き込まれてしまった。


なにより国民はテレビで政治ニュースを知る。
年金の対応で安倍政権は国民をバカにしている、
安倍さんの個人的な思想だけで改憲を進めている、
失言をする大臣を登用したのは全て安倍さんの責任だ。
こういうネガティブキャンペーンは反面では
当たっているけれどそれにしても尋常ならざる
マスコミの反安倍包囲網だった。
それは本格派保守の登場に相当マスコミや野党が
危機感を持ったからだと思う。
いわば左寄りにとって最もやって欲しくないことを
平気で口にして実際に政治日程に乗してきている。
それは嫌われるに決まっている。
出る杭は打たれる。
安倍さんは自民党内の了解は概ね得られても
国民の支持は得られていないと今回の結果で
明らかになったことは認めねばなるまい。


各出口調査を見ると憲法や教育や防衛に関する
関心は低くて、年金や格差など生活に近い
トピックが投票行動に結びついたようだ。
私個人的には憲法や教育こそが天下国家の
将来のために大切なのであって社保庁が
サボタージュしようが住民税が上がろうと
どっちが大切なのよ?って思ってしまう。
私は日本の国の枠組みを真剣に政治の世界で
話し合って欲しいと思うけど。


幹事長と参院議員会長が辞任することになった。
安倍さんは残ることになった。
これは無難な対応だと思う。
死に体の自民党を上昇させていくには
思い切った人心一新が求められる。
しかし空前の人材難である自民党に
思い切った人事ができるかは疑問符がつく。
逆に民主党はトロイカの親父共はポンコツだけど
若い世代は相当によく勉強している。
前原さんが昨夜のテレビで言っていたけど
これからは全く未知の領域に入る。
確かに戦後の政治史の中で誰もが未体験の
ゾーンに突入していくことになる。
民主党の若い世代を見ているとそこそこに
乗り切るのではないだろうかと安心はしている。


とにかく小沢さんがワガママ、豪腕を炸裂させて
国会を空転させることだけが心配でならない。
目的は早い時期に解散総選挙に追い込むことだろうから
いつもの小沢流が発揮されることだろう。
果たして国民に利する政治が実現できるのか。
党利党略だけの政治にはなって欲しくない。


昨日のブログでは開票立会人に申しこんだけど
連絡こなくてワケわからんって書いてたけど
今日帰宅したら選管から封書が来てた。
なんかよくわからないけど明日の昼に選管の分会とか
いうので選挙立会人をするらしい。
何するのかな?
最終的な認証みたいなことかな。
また明日レポートしまっさ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。