スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.29(Sun)
今は日曜21時。
参院選投票が締め切られて一時間。
速報番組によると自民党がマジ大敗。
安倍さんの責任問題がどうたらこうたら。
予想していたとはいえ少しショッキング。


実は開票立会人というやつに某政党を通じて
申し込んだけど、地元の選管から何の連絡も
なかったからきっと応募者多数で漏れたのだろう。
これは開票所で投票箱の開封の立会いをしたり、
分類されて一定数の束になったものを違う
票が混じっていないかを確認したり、
微妙な名前が書かれた票を合議で判断したり、
最終的な確定を了承したりとかいう仕事。
これは誰でも地元の選管から認められたら
できる仕事で一党から1人まで、各開票所に
3?10人で構成されるボランティアである。
ボランティアと言っても謝礼は少し出るみたい。
開票開始から深夜まで続く大切な仕事のようだ。
普通は政党の市議会議員とか事務局や運動員が
勤めることが多いみたい。


たまたま各政党のHPを見ていたら開票立会人を
募集している政党があって別に政党員ではないけど
応募してみたわけだ。
なかなか開票に立ち会えるなんて経験はできないぞ。
何事も経験だってことで応募したけれど
定員オーバーだったみたい。
せめて落選した人にも選管から連絡くらいはくれよな。
こっちは予定空けて待ってたんだからよ。
でも実は実は公選法によると開票作業については
誰もが見学できるらしい。
ただ投票に行くだけではなくて色々と深く選挙について
知るのも面白いかなーなんて思います。


↓開票立会人について簡潔にまとめられてます。
他にも選挙のイロハが紹介されてて面白いブログです。
実践☆選挙塾

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。