スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.25(Wed)
これだけは今週中に見ておかないと。
ってことで今日は選挙演説を聞きに行ってた。
どこの政党かというと、、、
維新政党・新風である。
自分達で極右を自称する素敵な政党だ。


正午に梅田ナビオ前で瀬戸・本部広報委員が演説。
聴衆は最後まで20人ほどしかいなかっただろうか。
これが自民党や民主党ならもっと人が集まるのに
ミニ政党はかわいそうだ。
・公明党を認めない
・在日特権の廃止
・ネット選挙を推進
・いわゆる従軍慰安婦問題に関して米議会への抗議
こんな新風の公約ダイジェストが1時間ほど
瀬戸氏の口から語られた。


それにしてもこの炎天下に1時間も
話ができるなんて政治の世界に身を
置く人はすごいものだ。
私なら10分もすればシャツから汗が
絞れるほど汗をかいてしまうだろう。


内容で特に気になったのはネット選挙の話。
新風は従来型の電話攻撃、ハガキ攻撃を
一切せずにネット中心の選挙戦を進めて
きたそうだ。
これは日本の政治にとって大変な改善事項で
もっとネット利用を広げないといけないのだ。
動画サイトなんて自由に使えるようになれば
かなりの武器になる。
何しろタダで世界中に訴えることができるのだ。
憲法を変えるより公職選挙法を変えたほうが
日本が良くなると誰かの本にも書いてあった。


在日特権の廃止、公明党の退場、反日教育の是正など
個々のトピックは小気味良くて他の政党では
なかなか面と向かって主張できないことを
訴えているのは評価できる。
新風に注文をつけさせてもらうならば
そのシングル・トピックは面白いのだけれど
果たして実現可能なのか、財源はどうするのか
国益に利するのか、それらが真に優先して
取り組むべきトピックなのか、といった
点で少し疑問に感じる点も多い。


頂いたビラには「第四極の政治勢力」とあるが
私はどんなミニ政党でも与党を目指して
活動すべきだと思うし、政権を取ったときの
政策の本気度をみたいのだ。
新風は国政選挙に出るのは4回目と言っていたが
やはり今まで国会議員を輩出できてこなかったのには
それなりに有権者の冷ややかな評価もあるのだろう。
しかし今の日本には安倍政権の政策をもっと
ドラスティックに進めるべきだという
考え方の人も多いし、そういう人達を
取り込めたらかなりチャンスはあると思う。
俗に言われる右傾化のメリットは確実に
新風に大きな追い風となるだろう。
まさか女性党や9条ネットには負けないでしょうよ。
安倍さんを極右、タカ派と呼ぶこと無かれ。
日本で唯一絶対の極右政党は新風である。


あと個人的に気になった点だけどビラ配りを
しているスタッフの方々が疲れているのか
みなさん伏し目がちで黙って配っていたので
そういう当たり前のことで凄く印象が変わるのに
もったいないなーとサービス業の経験しかない
私は思ったりもしていた。
やっぱり知らない人には極右政党というだけで
お近づきになりたくないという人も多いだろうし
新たな支持層を取り込むには全ての地道な選挙活動が
票に繋がるのだという意識を皆さんに持って
もらいたいなぁと。


↓維新政党・瀬戸・本部広報委員(カメラが遠すぎた・・・)
sinpu.jpg


それから大阪地裁で刑事を1本傍聴、
中之島図書館で暇つぶし。
何だか昼間から浴衣着たバカそうなギャルが
多いと思ったら今日は天神祭だったのね。
関係ないから真っ直ぐ帰ったけど。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。