スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.15(Sun)
携帯の電池の持ちが悪いので
近所のドコモショップへ行った。
今の機種は2年使っていて昨年の夏にも
電池交換したけどやはり1年程度で
寿命が来てしまうのだろう。


ドコモのポイント制度にはプレミアクラブという
申し込みが必要な制度がある。
私は以前からそれに入っている。
カウンターの店員によると
今回の電池交換は2年以上使っている
機種なのでタダでできるということだ。
ラッキー。


在庫を持ってきてから、パソコンをやたらと
カチャカチャしたり付加機能の営業を
かけてきたりでなかなか電池を交換してくれない。
タダなら早くやってくれよ。
さっさと帰りたいんだよ。


いよいよ注文書もプリントアウトして
電池を入れ替えてくれるかと思いきや
店員が発した言葉は意外なものだった。
「それでは郵送で送らせてもらいますので
1?2週間ほどお待ちくださいね。」
もうね、あきれかえりますよ。
目の前に電池の在庫ありますやん。
なんでやねん。


どうやらプレミアクラブ会員で
同機種2年以上使用は無料で電池交換、
ただし郵送のみってルールらしい。
要するに古い機種だから店によって
在庫の有無にばらつきがあるため
郵送に統一しているのだろう。
好意的に解釈すればそういうことだろう。
しかしもし目の前の客が今すぐ電池を
入れ替えないとこれからの仕事に
差し支えるというほど困った状態なら
どうするのだろう。
在庫があってもそれでも郵送するのだろうか。
それかプレミアクラブの特典を使わずに
定価で電池を買ってくださいと言うのだろうか。
決まりは決まりだけどなんのための在庫だよと
ツッコミたくなる対応でした。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。