スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カタール戦&U?20
2007.07.11(Wed)
昨日のスポーツ紙を見ると
サッカーアジアカップ初戦のカタール戦の
日本代表評価は厳しい。
まぁ確かに試合は見るべき点もあまりなかった。
でもチャンスは何度も作った。
オシムが言うように6?1で勝ってもおかしくない
試合だった。
相手に与えたFKがリードしている試合終了間際なので
不用意だったことは確かだ。
しかしセットプレーだけはいかんともしがたい。


私はことさら問題はないと思うけどなぁ。
ここまで約1年間のオシム政権の戦いの中では
中の上くらいのレベルの試合はしてたんじゃないかな。
確かにワールドカップで勝ち抜くことが目標のチームが
カタールから1点しか奪えないようでは厳しいけど。
基本的に日本は中東のチームは大の苦手。
過去の代表だって中東相手に点数も内容も
圧倒できたことはあまりない。


問題は何だろう。
メンバーの選出は問題ない。
意思の疎通だって1年で充分に図れているはず。
あとは手詰まりになった時間帯に流れを変えたり
我慢できる精神力であったり、声出しであったりかな。


まだまだ監督の責任論議は早すぎる。
これが明らかに怠慢な監督ならいざ知らず
熱心にリーグを視察して、日本人に合った
サッカーを創造しようというコンセプトも
持った監督だからまだまだ見たいというのが
私の率直なところだ。


それに引き換えU?20W杯の代表はすごいぞ。
一次リーグを1位突破。
メンバー的にも99年代表には適わないけど
リーグでの経験値は各自かなり高い。
たまたまなのかメンバーが中位以下のクラブから
たくさん選出されていてリーグに戻っても
関心を持って応援できそうだ。


吉田靖監督ってあまり知らなかったけど
なかなか良い準備ができたことが窺い知れる。
このチームはここ最近の日本サッカーの問題である
リーダーシップとか明るい雰囲気みたいなのが
誰からともなく生まれてくるとても陽気なチームだ。
近年の各年代の代表でもこういう陽性のチームは
なかったのではないだろうか。
そこに吉田監督の的確な指示が上手くマッチしている。
次はチェコでかなり厳しいだろうけど是非とも
決勝目指して頑張ってほしい。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。