スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.14(Thu)
ジュビロ磐田の菊地直哉が静岡県の
条例違反で逮捕された。
まず率直な感想は「なぜ菊池が!?」
私の印象では菊池は大変真面目で
プレーも普段の言動も派手なところは
ないけれど、確実にチームのために
身を粉にして働ける選手という感じの人物だ。
オシムが言うところの「水を運ぶ選手」に
当てはまるタイプなのだ。


Jリーグは以前から選手の研修には
かなり力を入れていて全チームから
集合して行う新人研修では社会人としての
一般常識をトレーニングしたり、
企業人から講演を聞く機会を設けたり
シーズンオフにはサッカーから離れて
一般企業への職業体験を実施するなど
かなり手厚い研修が行われている。


Jリーグでは過去にも淫行での不祥事があり
昨年は茂原選手が不在の家宅侵入で
逮捕されるなど犯罪撲滅への教訓は
いやというほど蓄積されているはず。
なのになぜ。
しかも聞いたことも無いサテライトの
選手ならともかくプロとして数年の
キャリアがあって各年代の代表を経験し
ずっとレギュラーを張ってきた超一流が
なぜこんなことで自らのキャリアに
傷をつける行為に手を染めてしまうのか。
このまま順調に行けばオシムの目に
適うレベルまできていたのに。
自分が抜けることによるチームへの損害や
サポーターへの裏切りが計り知れないことは
懸命な菊池ならわかったはず。


選手のプライベートまで監視することは
チームには不可能だし、選手が自分の
時間を自由に使う権利は制御されては
ならない。
けれどこのような全てのサッカーファンを
失望させるような犯罪行為だけは絶対に
起こして欲しくない。
時間はかかっても非凡な才能を持つだけに
なんとかピッチで新しい姿を見せて欲しいものだ。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。