スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.06(Wed)
新党日本からジャーナリストの
有田芳生氏が参院選に出馬することになった。
うーん、どうなのだろうか。


仮にも権力を批判する立場にいた有田氏が
政治の世界に打って出ることにはガッカリした。
そんなことを氏は以前から考えていたのだろうか。
穿った見方だがザ・ワイドは9月で終わるというし、
まさか再就職先を今から用意しておこうというのでは
あるまいか。
確かにキャスチングボードを握るという
新党日本から出るのは面白いだろう。
丸川元テレ朝アナのように自民党から
出馬するのでは芸がない。


ただ有田氏の論調というのは必ずしも
今の日本の中で主流を占めるものではないし
どちらかというと支持はされていない。
党首の田中康夫も主張していることは
ものすごくまともで、テレビに出ている時にも
なかなか良いことをよく発言するのだが、
いかんせん政治家というより評論家なのだ。


私は自民と合流するなどということは
ないと思うし、上手くいかないと思うので
すべきではないと思う。
新党日本は端から権力を批判し、監視するような
ポジションが向いているのではないか。
確かに有田氏向きの政党だけど、
それにしてもなぜ有田氏が、とは思う。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。