スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.04(Mon)
桜庭対ホイス戦が終わった。
そもそもアメリカ向けのカードであって
再戦する必然性も何もない試合だ。
終わって改めて不要な試合だと思った。


結果は判定でホイスの勝ち。
内容は全くの凡戦でお互いに見せ場はなし。
そりゃそうかな。
前回の2000年の対戦の頃がお互いに
ピークだったので今の二人に好試合を
期待する方が無理かもしれない。
さらにグレイシーの連中は負けなければ
何でもいいわけで5分3Rのルールで
何が何でも深追いをしてまで決着を
つけようという気もなかったのだろう。
こういう一発を狙わないグレイシーの
姿勢がどうしても好きにはなれない。
そんなカードを組んだFEGもひどいし
受けた桜庭も落ちたと思う。


残念だけど残念な感想しか抱けない試合だった。
何より場内のブーイングの嵐がそれを
物語っている。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。