スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.18(Fri)
さてさてあいりん地区を後にして
日本橋で時間を潰したあとに
飛田新地へ。
そういえば日本橋でメイドがチラシを
街頭で配ってた。
本当にいるのですな、メイドって人種が。


飛田新地。
あいりんから徒歩10分くらい、
天王寺からだと20分くらい。
これについては私は非常に懐疑的にみている。
というよりは日本の性風俗産業そのものに
対して疑問が色々とあって。
戦前の日本には公娼制度があった。
つまり国が売春を認めていた。
厳密には管理売春といって
特定の地区内に店舗と従事者を
集中させて性病の蔓延などを
食い止めようという発想である。
この名残の最も有名なのが
東京の吉原。
あそこの一角を囲い込んで管理売春を
国が監督していたということだ。
その地区は警察が地図を赤い線で
囲ったことから赤線と呼ばれる
ことになった。
もちろん戦後は売春禁止法ができて
金銭のやり取りを伴う性風俗は
禁止された。。はずだった。
旧赤線地帯のいくらかは今でも
営業を続けている。
吉原のようにソープランドに
模様替えしたもの。
そして飛田のように料亭の体裁を
とって本番営業を続けたもの。


私はそもそもソープランドが
取り締まれないのがおかしいと
思っている。
ソープランドは正確な産業分類では
銭湯と同じ扱いになっている。
つまりは入浴料を払って風呂に
入っている時に女性と盛り上がって
しまって双方の同意の下に金銭の
授受があった後性交に至りました、
というのがソープの建前らしい。
明らかにおかしいね。
それとパチンコの景品の3店方式。
景品を換金所に持っていく。
換金所は古物商の免許を持っているので
それを査定した結果として客に
現金を渡している。
買い取った景品はそれをまた買い取る
業者に流れて、それが店に帰ってくる。
つまり店と客が直接現金の受け渡しを
しているわけでないから合法だという
論理だが、これもおかしい。
日本が本当に法治国家というなら
ソープとパチンコをさっさと
取り締まってみろ。


話が脱線してた。
こんな感じで飛田新地も料亭に
お客さんが上がって盛り上がって
やっちゃいましたってことに
なってるから取り締まらない。
よくわからない理屈だ。
関西には他にも数箇所の
旧赤線地帯が今も料亭スタイルで
営業を続けている。
私は以前に尼崎のかんなみ新地という
遊郭をウォッチングしたことがある。
残念ながら上がる勇気は私にはない。
10数軒くらいの規模だった。
店のライトは薄暗かった。
こんな印象。


さて商店街を抜けて飛田に着いた。
堂々と飛田新地って看板が立ってて
お店の組合の事務所まである。
もうここまで来ると立派な
地域文化だ。
それなりに歴史を背負ってきたから
旧赤線を語る価値があるのだ。
ただの本番風俗なら用はない。


それにしても店は何軒あるのだろう。
尼崎の規模しか知らないので
ビックリした。
西成区山王3丁目という町がすっぽり
料亭だらけの町ということらしい。
いかにも料亭らしい屋号に電燈が
灯っている。
しかも店頭が滅茶苦茶明るい。
尼崎みたいにピンクの薄明かりじゃなくて
昨日蛍光灯を変えたばかりですって感じ。
女の子がちょこんと座っている。


それにしても呼び込みのおばさんが
やかましいほどに通り過ぎても
「お兄さ?ん」と呼んでくる。
なんか必死だ。
北側に位置している通りは車から
品定めをする人や友人同士で
遊びに来た感じの中年などで
そこそこ賑わっていた。
しかし南側になると開けていない
店も多く、通りにも私以外は
誰も歩いていないような状態だった。
いくら好景気と言ったって
「飲む、打つ、買う」にお金が
回るほどの余裕は世間にはない。
あれほど乱立しているのに
それほどの採算があるのかが
多いに不思議だ。


今回も上がってはいない。
別に風俗レポートではなくて
私の趣味である町歩き、歴史散策なので
それはご了承願いたい。
さてこういう業態の将来を考えても
予想がつかない。
ソープも旧赤線も金で女を買って
本番行為に至っているのだから
明らかに違法だ。
これを厳格に取り締まる方向に行くのか
今のまま野放しにするのか。


実際に買う側、買われる側ともに
今の法制度の下での営業はおそらく
不自由を感じていないと思う。
お互いが恣意的な法解釈をして
それを警察も追認しているような
現状が早晩変わることはないだろう。
しかし大阪府はソープを禁止しているので
それとの整合性を考えるとなぜ旧赤線だけ
そこまで厚遇されてきたのかも
よくわからない。
きっと近代以前から流れてきた
地域性や歴史的な経緯があるのだろう。
私は法治国家たらしめるには特定の
団体の利益を保護するようなご都合主義は
止めるべきだと思う。
逆に考えればいざという時は
踏み込むぞという事実上の
生殺与奪の権を警察が持ちすぎているのも
いかがかと思う。


職業に貴賎なし。
飛田の女性だって尊敬する。
でも今の状態は決してまともな
法治国家の姿とは程遠いのではないか。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

こんにちは!ヽ( ´ ▽ ` )/ 

★Remixi@タッキー★です!


応援にきました^^


また遊びにきます~♪
応援(ノ´∀`)でした♪
2007/05/18(金) 13:07:41 | URL | ★Remixi@タッキー★ #-[ 編集]
コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。