スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.11(Fri)
レンタルで「出口のない海」を観た。
海軍の特攻魚雷である「回天」の
乗組員となった若者達の姿を描いた
作品である。
主演は市川海老蔵。


回天は遊就館や大和ミュージアムに
飾られているので都合3回は
展示を見たことになる。
印象は機体の長細さである。
私があの狭そうな中に入れられたら
息が詰まって逃げ出したくなって
しまうと思う。
そりゃ機動性と隠密性が一番だから
居住性があるわけはないけど。


私はこの時代の将来有望な学生の中に
志願兵となった者や特攻を志願した者が
いたことに同年代の男として興味がある。
もちろんお国のために、
家族のために、
愛する者のために。
理由は様々であろう。
そしてこの映画の若者達もおおむね
この範疇の中で悩み苦しみ散って
いくことになったのである。


個人的にはもっと深い部分というか
心の捩れや、もっと言えば戦時における
究極的な精神状況のようなギリギリの
局面での若者の奮闘や苦悩を見たいのだ。
そういう点でいくとこの映画は
ありきたり、無難、どこかで観たような
シーンの継ぎ接ぎと私には映った。
しかし私の同年代には戦争の知識も実感も
ないので人間魚雷という主題自体を
多くの人に知らしめるところとなったのは
良いことだろう。
計器類の操作や相次ぐ故障のシーンなどは
実際にこういうものだったのだろうと
妙にリアルだった。
あの戦争末期にはもはや乗り手も整備士にも
熟練の者がいない死に体の状況だったのだから。


それとこれはいいのか悪いのか
わからないのだけど、
市川海老蔵に貫禄がありすぎてw
あんな貫禄たっぷりの学生は今も昔も
いないだろ?なんてね。
やっぱり昔の戦争映画に出てくる兵隊は
いかにも芋臭いというかイガグリ君が
多いのだけれど、日本人の隊形そのものが
変わってきているのでこれは仕方ないかな。
もうすぐ「俺は君のためにこそ死ににいく」
公開になる。
できれば観に行って感想も書きたいと思う。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。