スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨夜のニュース23
2007.05.04(Fri)
昨夜のニュース23の憲法特集は
いつになくえげつない内容でしたな。
憲法特集じゃなくて完全に護憲特集。
護憲に向けて活動している人達や
パネリストは出しても改憲派の声は
1ミリたりとも流さない。
護憲=善、改憲=悪っていう単純な
二項対立に内容を仕立て上げていた。
改憲じゃなくて改悪なんて平気で
レッテル張るんだもんな?筑紫のじいさんは。


まず筑紫さんに対して思うことは
何も毎晩デイリーニュースを伝える
役目に拘る必要はないのじゃないかってこと。
ニュース23に筑紫色が濃すぎて
かなり世論からずれた内容が
近年増えているように感じる。
TBS自体が不祥事(犯罪)を起こし
まくっているなかで企業イメージを
刷新するためにも筑紫を降板させて
中立報道に努める姿勢を打ち出すべきだ。


筑紫には環境問題や沖縄基地問題、
平和に関する取り組みといった
好みの分野がはっきりしている。
別にそれを無理やり毎晩のニュースに
押し込む必要などなくて例えば
半年や1年に1回くらいの頻度で
徹底的な取材を重ねた良質な
ドキュメンタリーを放送するなど
筑紫の経験と人脈を活かせばもっと
活躍のできる場があると思う。
あの聞き取りづらいボソボソ声で
毎晩ニュースを伝える仕事は
ベストどころかベターな仕事ですらない。
ただドキュメンタリーは数字が
取れないというし、著述業にしても
なかなか筑紫の思想方向が売れないという
現実はあると思う。
でももうニュース23で生き恥を晒す
くらいならじっくり腰を据えて大作に
取り組んだ方がいいと思うのだけれど。


昨日の内容の中で気になったのが
京都の女子大学生。
彼女は国会を取り巻く抗議活動にも
参加してマイクを握って涙ながらに
訴えたという筋金入りの護憲論者だ。
涙の理由は国民の声が国会議員に
届かないというどうしようもない
現実が悲しかったとのこと。


それってただダダこねてるだけじゃないか。
日本は間接民主主義。
我々の投票で選んだ代表が国会で
決めることは私達の大部分の意思と
イコールなわけ。
代議士制度が不満ならそれを訴えればいいけど
現行の政治制度の元で正規の手続きに
則って進められる議事に対して
文句があるなら次の選挙で自分の
思いを託せる候補者に投票すればよい。
政治は数の論理だから自分の考え方が
必ずしも政治の世界でマジョリティとは
限らない。
間接民主を否定するような根本的な話と
議事が個人の思想信条に合う合わないの話を
ごちゃ混ぜにしないでいただきたい。


思うのだけど今の大学生世代で
あれだけガチガチの左翼がいるなんて
私の感覚では信じられない。
彼女はよほど日教組の強い地域で
育ったのだろうか。
もし育ちも京都だったら仕方ないけど。
ああいう人達に聞きたいのは
もし日本が他国から侵略を受けたら
どうするつもりなのだろうかということ。
無抵抗で白旗をあげるつもりなのかな。
マジで意味がわからない。
9条を改正したら戦争国家になるというけど
自衛の手段すら放棄した国の方が
よっぽど危険な国ではないのか。
何も自衛軍をもって他国に侵略しようって
話ではないだろう。
せめて自分の国は自分達で守れる
国にしましょうという究めて健康的な
方向性なのだ。
9条改悪=戦争=侵略みたいな
口先で平和平和と唱えれば平和が
やって来ると本気で9条を宗教のごとく
崇めている連中のほうがよっぽど
世相が見えていないし不健康だ。


国民投票法案にしたってそうだ。
憲法に明記された改憲のための
道しるべを具体化した形で示して
こなかったのは戦後の全ての政治家の
怠慢だ。
それを言うに事欠いて未だに
国民投票法案の制定そのものに
難癖つけて反対する政治家がいる。
どこまで仕事を先延ばしすれば
気が済むのだろうか。
最低投票率の議論もあるけれど
やはり選挙に行かない人間は
棄権とみなすべきで
「私は憲法が改正されてもされなくても
一切文句は言いません」という
意思表示とみなすべきで、
そんな決まりはいらない。
政治家の仕事は少しでも投票率を
上げるために努力することであって
その失策の担保に最低投票率を
決めて護憲の襷にしようなどは
許されるわけがない。
さてこれから憲法論議はどうなるでしょかね。
国民を巻き込んで面白い展開になってほしい。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。