スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.24(Tue)
選挙シリーズが全て終わった。
次は夏の参院選。
全国的な結果からいくと自民、民主ともに
大きな風が吹いたわけでもなく、
東国原知事に続けと無党派ブームが
起こったわけでもなく。
どこでも現職が強くてなんとなく地味な結果が
多かったように感じる。


そんな中話題は長崎市長選挙に集中した。
まぁはっきり言ってこの結果には驚いた。
間違いなく伊藤氏の娘婿である横尾氏が
大差で勝つとばかり思っていた。
ふたを開けてみると超接線で元市役所職員の
田上氏が勝利。
やはり長崎生まれ長崎育ちで企画畑を歩んできたという点と
優しそうな人柄が有権者に期待を抱かせたのだろう。


それにしても落選が確定してからの伊藤氏の
長女で横尾氏の妻の発言にはひっくり返った。
「ご支援いただいて本当にありがとうございました。
父伊藤一長はその程度の存在でしたか?
伊藤一長、浮かばれないと思います。
父が愛する長崎でこのような仕打ちを受けるとは本当に
思いませんでした。
ごめんなさい、こんなこと言って。申し訳ない。」


あの憔悴しきった様子は気の毒としかいいようがない。
しかしこれほど故人と主人、そして長崎市民を
侮辱した発言もない。
事実はひとつだ。
故伊藤氏の娘婿である横尾氏が補欠立候補し接戦で敗れたこと。
伊藤氏は関係ないではないか。
この選挙に勝ちさえすれば故人は浮かばれるのか。
死体に鞭を打ったのは誰だ。
争点は当選後にどんな市政の舵取りを見せられるかだろう。
アクシデントを弔い合戦という政争の具にしてしまった。
そもそも市長の娘婿が有力ローカル紙の記者であるというのも
印象が悪いのだ。
もともとは長女も西日本新聞に勤めていて職場結婚をしたという。
なんとなく印象は悪い。


伊藤市政を横尾氏にそのまま継がせるのは
どう考えてもおかしいだろう。
伊藤氏の仕事は伊藤氏にしかできない。
仮に横尾氏が当選したら横尾市政をスタートさせるのだ。
陣営は横尾氏の個性を否定して何をさせるつもりだったのだろうか。


77113票の市民の支持に対して悪態をつくとは
どんな了見をしているのか。
落選をすれば「ありがとうございました」
それだけでいいではないか。
敗因分析は別に行えばよい。
これまで3期勤めてきて市民の人気も高かったことを
わかっているのに、その程度の存在だの。
そういう市民をバカにしたような態度がこの結果じゃないか。
たらればは言っても仕方ないが伊藤氏の情熱を
絶やさないというのなら特段身内から立候補させるという
選択をする必要はなかったと私は考える。


それ以上に情けないのは他の3候補。
あんた達はたっぷり選挙運動をしてきただろうに
なぜ3日しか運動期間のなかった2人に大差で
負けているのだ。
情けないにも程がある。


あと白票や無効票が多いそうだけど、それなら始めから投票するなと。
民意は立候補者に対して投票するから反映されるわけで
意図的に選挙を乱すような投票行動は慎むべきだ。
どうしても投票したい候補がいないなら
投票に行かなければいい。
棄権は「誰が選ばれても文句言いません。
今後も市政に対して何らの文句、批判は言いません」
ということだろう。
それでいい人は無投票で構わないと私は考える。


しかし選挙が終わってから考えても追加の立候補を
認めるというのはおかしいと感じた。
期日前投票の無効票は仕方ないにしても
宙に浮くのは勿体無い。
やはり改正すべき点は多いようだ。


何はともあれ新市長にはがんばってもらいたい。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。