スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.22(Sun)
一昨日から昨日にかけての町田の暴力団員たてこもり事件は
わけがわからなかった。
一体何をしたかったのだろう。
相手を殺して自分も死ぬつもりなら篭城せずに
さっさと自害すればよかったのに。
やはり近頃の任侠は少しおかしいのではないか。
全く理解しかねる。


ああいう場合に警察は根気強く説得を続けるのが
常だけど、拳銃を持っている相手だからこそ
そして死をも恐れぬ任侠だからこそさっさと
突入して鎮圧したほうがよいように思う。


こうして凶行が連日続くのも不気味だ。
そして右翼の凶悪化や何もかもを言論テロに
結びつけて論じようとするマスコミがさらに不気味だ。
私は長崎事件を決して肯定はしない。
しかしあれを加藤議員の自宅放火事件と同列に
論じて明らかに読者・視聴者をミスリードしようと
しているのが何よりも許せない。
本当のことは書かない、話さないくせに適当な
因果関係や背景を結びつけて私たちを騙さないでもらいたい。


特にテレビ朝日、報道ステーションの嘘の上塗りは
正直言ってこちらを引かせるくらいの低劣な仕事振りだった。
テレビ局に毎日大量の不審な郵便物が届くというのは
想像できるし、無闇に開封したくない、相手にしたくないという
企業としての心理は理解する。
しかし自分たちが第4の権力と呼ばれることに
多少なりとも自覚があるのなら、それを放置したり
挙句にすぐにバレる嘘を全国放送で垂れ流すなど
できないはずなのだが。


はっきり言って郵便が放送局に届いて直ぐに警察に
通報していれば凶行が防げた可能性はかなりあると思う。
むしろディレクターあたりが
「そんな郵便が来ているなら何故私に教えなかったのだ!
現場に張っておけば一番乗りでスクープが取れたのに!」
くらいのことは言ってそうだ。
ほとほと大手マスコミのモラルの低さには辟易する。
TBSもよく槍玉に上がるけれど、本当に放送免許停止とか
期限付き停波くらいのことはやってやらないと
もはやマスコミ自身に自浄能力はないのではないか。
それにしても色々と考えさせられる暴力事件の続いた
一週間でした。

スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。