スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.01.22(Mon)
そのまんま東氏が宮崎県知事選に勝利した。
今日からは東国原氏と呼ぶとしよう。
はっきり言って絶句した。
絶望もした。
宮崎県民はシャレが好きなのだろうか。


県民は前知事の失政を責め反省を促し
自らも有権者として考えさせられたのでは
なかったのか。
いや反省どころか何も学ばず完全なる
思考停止状態に陥ってしまっているようだ。
ニュースのインタビュー映像を見ると
賛成派の声は「思ったより誠実」
「真摯な気持ちが伝わってきた」といった
声が多いようだ。


それは県民がタレント候補という色眼鏡で
東国原氏を見ている証拠ではないのか。
「そのまんま東ってテレビで見ているよりは
真面目そうじゃないか」
「さすがにタレントだけあって爽やかそうな
人だなぁ」
こう言っているようにしか聞こえない。
タレント候補ということで他の候補者と
別枠で考えてしまう有権者がまだまだ多いのだ。


私は東国原氏の能力を疑うわけではない。
なかなか具体的な政策の中身までは
全国ニュースで取り上げられないので
その点で評価のしようがない。
ただ初期の会見で難解な外来語表現を多用したり
その中に言い間違いが多分に含まれていたりと
いったあたり表面的な政治の勉強はしてきたけれど
それを表現していく力はないのだろうとは
察しがつく。
問題は前知事が逮捕された直後の選挙で
実績のないタレント候補で本当にいいのかと
いうことなのだ。
知っている人が東国原氏しかいないから
とりあえず投票しておこうという有権者が
多数を占めているような気がしてならないのだ。
宮崎県人には悪いがはっきり言って
「宮崎県人はそこまで民度が低いのかよ!?」という
評価になった、私の中では。


むしろ何も知らないからベテラン職員や議員に
取り込まれて知らず知らずのうちに取り返しの
つかない失政をやらかさないかと心配になる。
他の候補者に有力者がいなかったのが功を
奏したのだろうけれど。
前知事が逮捕されたのにその程度の候補しか
用意できない各党や宮崎県の弱体ぶりが
際立つばかりだ。
民主党のダメ具合については語るまでもない。
いっそCMのように一回完全に難破してしまった
方が良いのではないだろうか。


とにかく新知事の誕生には驚いたけれど
実績でもってイメージ回復を図ってもらいたい。



スポンサーサイト


コメント

この記事へのコメント一覧

コメントを残す

URL:
コメント:
パスワード:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
送信:
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。